世界の自動車メーカーへ影響を与えた日本車、ロードスター・ハリアー・NSX

今や世界各地の国と地域で販売されている日本車。そんな世界で高い評価を受けている日本車ですが、新たな市場やコンセプトを開拓した先駆者のような日本車があるのをご存知ですか?今回は新しい市場やコンセプトを開拓し、世界の自動車メーカーへ影響を与えた日本の名車たちをご紹介!

文・西川 昇吾

Chapter
マツダ ユーノスロードスター
トヨタ ハリアー・レクサス RX(初代)
ホンダ NSX(初代)
これからも「日本発」の影響があるのか注目

マツダ ユーノスロードスター

マツダ ロードスター 初代

1989年に登場したユーノスロードスターは、後にマツダ ロードスターへと進化し「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスに登録されるほどの大成功を収め、それまでごくわずかにしか販売されていなかった「2シーターオープン」という市場を新たに確立しました。

ロードスターがヒットした理由は多く挙げられますが、間違いなく言えることは「安価で耐久性の高いオープンカー」という点でしょう。それまでのオープンスポーツカーは少量生産で高価だったり、手間がかかったり雨漏りは当たり前というような感じで気軽に味わえるものではありませんでした。

そのようなイメージを覆したのがロードスターです。冷え切っていたオープン
2シーター市場でロードスターの成功がなければポルシェのボクスターやBMWZ3Z4などは世に送り出されなかったかもしれません。

トヨタ ハリアー・レクサス RX(初代)

トヨタ ハリアー 2017

1997年末に登場した初代ハリアーは、北米市場ではレクサスブランドからRXとして販売され「高級クロスオーバーSUV」というジャンルを開拓しました。

それまで全高や地上高の高い車というとクロカンや
RV車という少々無骨で質素な内装という「道具」としての要素が強い車が多かったですが、ハリアーは背の高い車ながら高級サルーンのようなオンロードでの快適性と、洗練された内外装デザインを持って登場しました。

ハリアーのヒットによってオンロード走行を中心に考え、都心に溶け込むデザインを持ち合わせた
SUVが各社から続々と販売されました。ポルシェ カイエンやBMW X5、フォルクスワーゲン トゥアレグがその例と言えるでしょう。

近年世界的な盛り上がりを見せる
SUV市場ですが、初代ハリアーの成功がなければここまでの盛り上がりはなかったでしょう。

ホンダ NSX(初代)

ホンダ NSX 初代

日本車として初めて1,000万円に届こうかというプライスタグが与えられたホンダ NSX1990年にデビューしました。

当時市販車初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用し、リッター
100馬力に届こうかという高性能な大排気量NAエンジンをミドシップレイアウトで搭載するNSXは日本車初のスーパースポーツとも称されました。

NSXが世界に影響を与えたポイントは「スーパースポーツでありながらドライバーに優しい」という点です。

当時のスーパースポーツというと快適と言えない乗り心地、良好とは言えない視界、運転しにくいオフセットされたペダルポジション…などなど「初心者&普段乗りお断り」なモデルばかりでした。
(それが魅力とも言えるかもしれませんが…)

しかしNSXは、当時の欧州スポーツカーに並ぶ性能を持ちながら、そのような固定概念を覆したのです。この「快適なスーパースポーツ」というわがままなコンセプトは各国のスポーツカーメーカーに影響を与えました。

フェラーリの
V8モデル328をベンチマークにしていたと言われるNSXですが、その2世代後の1994年デビューのF355が「現代的で乗りやすくなった」と称されるのはNSXの影響とも言われています。

そして歴史的なスーパースポーツであるマクラーレン
F1。車格は違いますが設計したゴードンマーレーはNSXをベンチマークにしたほどで、搭載されるエンジンもホンダ製のものを望んでいました

これからも「日本発」の影響があるのか注目

トヨタ 2000GT

今回紹介したモデル以外にも世界の自動車メーカーへ影響を与えた日本車はまだまだあります。それぞれのクルマの生い立ちや時代背景を考えてみると日本車がもっと面白く、そして魅力的に見えてくるかもしれません。

今後はどのような日本車が世界の自動車メーカーへ影響を与えるのか?そのような点も楽しみです。

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」ことを目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾|にしかわ しょうご