軽い衝撃でエアバッグが開いてしまった!どう対処する?開いたまま運転していいの?

エアバッグ

エアバッグは、シートベルトとともに、万がいちの際、乗員を守ってくれるものですが、事故以外のときにも開いてしまうことがあります。そういった場合、いったいどうしたら良いのでしょうか。

文・吉川賢一

Chapter
エアバッグが開くのはどんなとき?
エアバッグはあっという間に開いてすぐしぼむ
エアバッグが開いても運転は可能?
万がいちのエアバッグに備えて

エアバッグが開くのはどんなとき?

スズキ車の仕様説明書によると、エアバッグは『衝突しても動いたりへこんだりしない、コンクリートの壁のようなものに、時速25km以上のスピードで衝突した場合や、同等の衝撃を、車の前方左右30度以内から受けた時に開く』となっています。

しかし、脱輪をして衝撃を受けたり、路肩に乗り上げてしまったりしたときにも、開いてしまうことがあるようです。

エアバッグはあっという間に開いてすぐしぼむ

エアバッグは、衝撃をセンサーが感知すると、ガス発生装置にシグナルが送られ、着火した窒素ガスが、エアバッグをあっという間に膨らませます。衝撃を感知してから、0.03秒後には開いているというので、万がいちの事故の際には、当たった瞬間に開いて守ってくれるという強い味方です。

「それじゃ、エアバッグで窒息するんじゃないか?」といった心配は無用です。開いた後、すぐにしぼむ設計になっています。

なぜなら、エアバッグが開いた時点では、車両がまだ動いていることも多く、ドライバーの視界をエアバッグが遮って、2次的な事故が起きるのを防がなければならないのです。

<次のページに続く>
次ページ
エアバッグが開いても運転は可能?