リアスポイラーとリアウイングの違い

リアウイング

クルマの車体後部に取り付けられている「スポイラー」と「ウイング」は、似ているようでじつは効果や機能が異なります。スポーツカー好きには人気の高いエアロパーツのひとつなので、しっかりと違いを理解した上で、目的にあったパーツを選択したいものです。

文・赤井福

Chapter
スポイラーとは何?
ウィングの役割は?
それぞれ異なる役割

スポイラーとは何?

スポイラーは、ボディに発生する空気の流れに沿うように取り付けられたパーツのことを指します。

クルマは、ボディに沿って、フロントからリアに向けて空気が流れていきます。この空気が、クルマのトランク後端やルーフから離れていく際に、回転する力を持った空気の「渦」となります。

これが気流の乱れやクルマを進行方向と反対方向に引っ張る力(負圧)を生み出し、走行速度の低下や燃費悪化、最悪の場合はハンドリングの乱れを引き起こすとともに、風切り音などの不快な音の原因となっています。

この車両後部で発生する渦を少なく、空気の流れを整えてくれるのがスポイラーです。整流をおもな役割とし、空気の渦の発生を抑制してくれるスポイラーは、静音や直進安定性の確保、燃費向上に効果があり、多くのクルマが純正パーツで採用しています。

ウィングの役割は?

対してウイングは、翼端板を持ち、車両の後方高いところに装着するパーツで、文字通りの翼です。通常はトランク部分に設けられた2本の支柱によって支えられています。フォーミュラーカーやGTカーなどにつけられているのは、ほとんどがウイングです。

整流の効果もありますが、ウイングが担うもっとも大きな役割は、ダウンフォースの発生です。飛行機が離陸する際に、翼の後ろ半分を下方向に傾けてより大きな揚力を得るのとは逆に、クルマのリアウイングでは上方向に傾け、車体を地面に抑える力を得ます。

後輪駆動のレーシングカーは、巨大なリアウィングを搭載し、車体を地面に押し付けて安定させる効果を狙っています。これにより、駆動する後輪のグリップ力も向上させています。

<次のページに続く>
次ページ
それぞれ異なる役割