SPECIAL ISSUE 大人のいない国

オトナのクルマやオトナのバイクという言葉をよく耳にするけれど、その定義とは、いったい何なのだろうか。オトナのドライバーやオトナのライダーとはどういう人たちのことを言うのだろう。日本には若者ぶった中高年は大勢いるが、成熟したオトナが少ないと言われている。それはクルマやバイクの世界でも同じことなのだろうか。

text:堀江史朗、嶋田智之、中兼雅之、山下 剛  photo:長谷川徹  [aheadアーカイブス vol.180 2017年11月号]

Chapter
SPECIAL ISSUE 大人のいない国
海外のイベントに見る鷹揚さ
ひけらかさない アストンの美学
オトナな中古車選び
ネオクラシックは大人の選択か

SPECIAL ISSUE 大人のいない国

アヘッド SPECIAL ISSUE 大人のいない国

海外のイベントに見る鷹揚さ

アヘッド SPECIAL ISSUE 大人のいない国

大人とは、考え方や態度が十分に成熟しているひとを指す。思慮分別がしっかりしていて、精神状態や、ものの見方がきちんとしているひと、という意味だそうだ。

確かに人間は歳を重ねて大人になっていくべき、社会性の高い動物である。

一方で、我々のまわりにたくさん存在するクルマ好きやバイク好きの男を、「永遠の少年」と表現することがある。いつまでも挑戦的で若々しい気力を持ち続けるエネルギッシュな熟年のことであり、ちょっとした仕草にカッコ良さがにじみ出ているので、結構モテるひとが多い。

長年、国内外でさまざまなイベントを取材したり参加したりしていると、ときどき「おや?」と思うことがある。

クルマはデザインの塊であり、それ自体に存在感がある。またイベントは郊外の風光明媚なリゾートや、気持ちが昂るサーキットなどで開催されることが多いので、何もしなくても華やかになるはずが、なぜか心が躍らないことがあるのだ。

今年も多くの場所でたくさんの人にお会いすることができた。イベントとは面白いもので、展示車両や企画などのコンテンツの重要性も然ることながら、参加しているエントラントや観客の表情や服装、言葉使いなどによっても印象が大きく違ってくる。

たとえば7月初旬のGoodwoodフェスティバル・オブ・スピード。ロンドンから100マイルほど離れた郊外に広がる27万エーカーもの私有地。

敷地内にはサーキットだけではなく、ゴルフ場、競馬場、そして飛行場まで用意されている。4日間での総来場者数はおよそ20万人。約2㎞のコースを駆け上がるヒルクライムが名物であるが、隣接する広場には自動車ブランドの巨大なパビリオンが多数展開されている。

すでに20年以上も続いているイベントで、決して安くないチケットにも関わらず毎年来場者は増え続けている。ヒルクライムに参戦するクルマは主催者が世界中から選んだ飛びっきりの名車であることが魅力。

家族連れやカップルなど複数で楽しそうに観戦しているイメージがあり、しかも著名なF1パイロットや往年の名ドライバーがその中を普通に往来している。

アヘッド SPECIAL ISSUE 大人のいない国

8月にはカリフォルニアの北部で開催されているモンタレー・カーウイークにも足を伸ばしてみた。モンタレーはサンフランシスコから程近い高級リゾート地であり、隣にはクリント・イーストウッドがメイヤーを務めたことで有名なカーメルというおとぎ話のような町もある。

少し内陸に入ればラグナ・セカというオールドサーキットでクラシックカーレースが開催されているし、レトロオートという蚤の市や、イタリア車だけの祭典コンコルソ・イタリアーノも開かれる。

そして何よりも素晴らしいのが、名門ゴルフコースの18番ホールの芝に車両を展示する、ぺブルビーチ・コンクール・デレガンスである。それらのイベントが約一週間に渡り、あちらこちらで同時多発的に開かれて、多くの観客が朝から晩まで、それぞれの方法で楽しみ尽くすのだ。

さて贅沢な話だが、誰もが一度は見たいと口にするような有名なイベントであっても、何度も通っているうちに感動が薄れてくることもある。

アヘッド SPECIAL ISSUE 大人のいない国

今年は普段あまり自動車と関係のない仕事をしているスタッフと一緒に行動してみると、意外にユニークなコメントが飛び出してきた。どうやらクルマに興味のない彼らは、クルマそのものよりも「どんな人が見に来ているか」が気になるらしい。

果たしてGoodwoodやモンタレーで最も好印象だったのは、女性客の多さとイベント全体の明るい雰囲気だったという。

日本のサーキットなどで開催される大きなイベントも確かに悪くはないが、参加者のストイックなところや観客のマニアックさが目立ち、「正直なところ楽しみ方がよくわからない」と彼らは言う。

それに比べて大きな海外のイベントでは、主催者の配慮もあり大抵の参加者は紳士的で朗らか。観客も自分だけが楽しむのではなく、パートナーや子供にも関心をもってもらえるように気を遣う。その心意気が会場全体に広がり、イベントのイメージがより豊かで明るいものになっていくようだ。

そもそも関心がないひとに無理強いをするのは論外。独りよがりではなく、周囲を明るく巻き込む魅力の演出が、いまクルマのマーケットに求められているのだと痛感した。

「北風と太陽」を手本にするまでもなく、クルマ好きをもっと増やしていくには、イベントなどの在り方に誰もが楽しめるような鷹揚さを磨いていくことが肝要。

明日も来年も、これからずっと趣味としてのクルマの世界を楽しみ続けるためには、大人としての自覚をもち、周囲にもその楽しみ方を覚えてもらうことの大切さを痛感した次第。

ペブルビーチでは、価値あるクラシックカーと同じくらいのレベルで、淑女たちの帽子が心象的であった。こんな光景が、そろそろ日本でも楽しめるようになってほしい。


------------------------------------------------
text/photo:堀江史朗/Shiro Horie
『Octane(オクタン)』(CCCカーライフラボ)日本版編集長。過去1987年4月~2011年6月までの長きに渡り、カーセンサー及びカーセンサーエッジ(株式会社リクルート)の編集長を務めた。

次ページ
ひけらかさない アストンの美学