0-100km/hまで5.3秒!日産フェアレディZのパフォーマンス、走行性能はいかなるものか?

フェアレディZのエンジンは?

フェアレディZ Z34 エンジン

現行のZ34型フェアレディZ(海外名:370Z)は3.7LのVQ37VHR型エンジンを搭載しています。
V6のNAエンジンであり、最高出力は247kW (336PS) /7,000rpm。
最大トルクは365N·m (37.2kgf·m) /5,200rpmを発生します。
なお、NISMOバージョンでは355PS、38.1kgf·mとなります。

フェアレディZ Z34 トランスミッション

トランスミッションは6MTと7ATが用意されており、6速MTについてはZ33型と共通の愛知機械工業製FS6R31型トランスミッションをさらに軽量化、フリクションを低減したものが使われております。
また、シンクロレブコントロールが採用されており、MTにもかかわらず回転合わせを自動で行ってくれるという機能も付いています。
7ATはジヤトコ製のJR710E/JR711E型が採用されています。

0-100km/hの加速性能はヨーロッパ仕様のデータで、5.3〜5.6秒。最高速度は250km/hとなっています。
これはかなり早く、ヨーロッパのライバルで言うと、981型のポルシェ・ボクスターやケイマンなどと同じくらいのレベルです。一般道ではまず不足を感じることは無いレベルと言って良いでしょう。

フェアレディZのために設計されたボディ・シャシー性能

フェアレディZ Z34 シャシー構造

車を構成する最も重要な要素の一つは、ボディ、シャシー性能です。
フェアレディZは、CV36型スカイラインクーペのものが基本的なベースですが、共有しているのは前後サイドメンバーやダッシュロアなどのみで、ほとんどが専用に設計されています。
ボディ後半部分に至ってはホイールベースを切り詰めたことから完全に新設計。

先代のZ33型と比較して、100kgほど重量増になると当初は想定されていましたが、ほぼ同水準の重さになっており、車両重量はクーペで1,480-1,530kg。これは3.7Lもある大型エンジンを搭載する車としては軽い部類に入るのではないでしょうか。またねじり剛性で40%、前後曲げ剛性が10%、横曲げ剛性が60%向上したと言われています。

フェアレディZの足回りはどうか?

フェアレディZ Z34 足回り構造

フロントはダブルウィッシュボーン、リヤはマルチリンク式を採用。ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク。
ホイールはベースグレードで前輪が225/50R18、後輪が245/45R18、Version STでは245/40R19、275/35R19と19インチとなります。

タイヤはブリヂストン製のPOTENZA RE050が奢られ、2012年のマイナーチェンジでは『ユーロチューンドサスペンション』を採用したことでスポーティーさと高速走行や荒れた路面での安定性や乗り心地を改善。
また、「Version ST」と「Version S」ではブレーキパッドの素材の見直しも行われ、制動力と耐フェード性が向上しています。

動画でチェック!フェアレディZのパフォーマンス

こちらはNISMOバージョンのフェアレディZなので、355PSのエンジンです。200km/hまではあっという間ですね。さすがにそれ以上の速度では少し加速が鈍りますが、それでも十分なパフォーマンスです。

フェアレディZよりも早い車は他にもたくさんありますが、400-500万円代の価格帯でこのパフォーマンスを発揮できる車はそうそうありません。
そう考えるとフェアレディZは非常にコストパフォーマンスの高いスポーツカーの一つと言えるのではないでしょうか。


この記事をシェアする