クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

【東京オートサロン 2017】さまざまなクルマのデザインに応えるWORK製ホイール

今年はWORK設立40周年のアニバーサリー・イヤー!

【東京オートサロン】ワークWORK

今年設立40周年を迎えた WORKブースには、様々なカラーリングが施されたホイールが展示されていました。いまの時代の流行としては、『個性』という言葉がキーワードとなっており、ホイールを塗れるスプレーの販売本数が伸びている点や、各メーカーからも奇抜な色をしたホイールがラインナップされているのも個性を重視したニーズに応えるためのメーカー側の計らいでしょう。

また、近年のネオ・クラシック・ブームに呼応すべく、当時モノのデザインを復刻して再販するケースもあります。

ワーク設立40周年を記念したクラシカル・デザインのEquip40や、オールドスクールなメッシュ・デザインのシーカーCCXなど、クラシックなクルマに似合うだけでなく、現代のクルマにつけても違和感のないようなテイストを取り入れたホイールもラインナップ中。

その他にも国産から輸入車、ミニバンからスポーツカーまで、さまざまなクルマに対応したたくさんのデザイン&カラーリングのホイールを展開中。40周年ということもあり、今後のラインナップに目が離せませんね。

次ページワークの画像ギャラリーはこちら!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事