最近のMのブレーキが気になる、ハイパフォーマンスカーブレーキ事情

高性能のエンジンに合ったブレーキ性能

BMW M4

最近のBMW Mモデルはこのあたりのさじ加減もじつに巧妙で、ハイパフォーマンスカーならではのたたずまいがなんとも素敵です。もちろんブレーキシステムはとても重要な部品。エンジン性能が引き上げられれば、それに見合ったストッピングパワーが必要になるのは言うまでもありませんから、BMWも確かな制動力を手に入れるために容量の大きなブレーキシステムを採用しているのは言うまでもありません。

Mモデル各車に装備される“Mコンパウンド・ブレーキ・システム”は、ダークブルーメタリックにペイントされたフロント対向4ピストン(Mロゴ付き)、リヤ対向2ピストン・ブレーキキャリパーと、鋳鉄製ドリルド・ブレーキディスクを採用し、アルミ製ブレーキディスク・ハブを組み合わせ高い制動力と耐フェード性を実現しています。

BMW M6GC brake

耐フェード性の向上、軽量化を実現

BMW M2 brake

ところで、高性能モデルはタイヤとホイールも大径化が進んでいるので、ブレーキローターとキャリパーもそれに合わせて大きくなっています。これによって制動力はアップしますが、重量増を招くことは否めません。

そこで注目されているのが、カーボン・セラミックブレーキ。フェラーリやポルシェ、そして日産GT-R SPEC-Vも採用していますが、ローターの材質にCFRPにセラミック素材を混ぜ合わせたものを用いることで、耐久性を向上させると同時に耐フェード性アップと軽量化にも大きく貢献します。

そしてM3セダンやM4クーペなどにも、“Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム”が用意されています。カーボンファイバー複合セラミック素材を使用することで、ブレーキの重量を13.5 kg軽量化し、バネ下重量の大幅な低減を達成。過酷なサーキット走行における耐フェード性も向上させました。

ゴールドに輝く6ピストン・キャリパーと独特の素材感があるドリルドディスクローターのコラボは、見ためにもかなりのインパクトがあり、M3セダン/M4クーペにはぜひ装着したいアイテムと言えるでしょう。

関連キーワード

この記事をシェアする