新雪にご注意を!雪道にはまった時の脱出法

雪道でのトラブル回避の運転術

雪道

雪道ではまる(スタック)ときは、雪道運転に慣れている方も不慣れな方も、運転上級者でも初心者でも関係ありません。はまる時ははまるのです。しかし、降雪地域在住のドライバーは、雪道をなるべく安全に走行するための心得を実践しています。その心得をいくつか紹介しましょう。

■裏道を走らない
雪が降ったばかりの道路は、道路状況がわからないため、リスクがつきものです。そのうえ、住宅街を抜けるような道幅4m程度の道路は、車両の通行量も少なく轍もできておらず、除雪も後回しになるため状況が把握できません。降雪地域在住のドライバーは、裏道の使用を最小限に留めています。

■幹線道路を主体に走行する
一般国道や自動車専用道路などの幹線道路を主体に走行します。幹線道路は、夜中に降雪があったとしても、すぐに除雪が行われますから走行しやすいのです。渋滞もしますが、新雪で覆われた雪道を通るリスクがありません。

■轍を走行する
轍(わだち)は先行車の走行痕で、雪が踏み固められています。車両の大きさによりトレッドが違うので、ハンドルを取られる弊害もありますが、新雪路よりは運転しやすいのです。

■車線の中央を通る
雪道走行の基本中の基本ですが、なるべく道路や車線の中央を運転します。なぜなら道路脇は、歩道に雪が積もっている場合には、歩行者が道路脇を歩行する場合が多いからです。また、地方に行けばフタのない側溝が残っているところもあり、それが雪に覆われていることで気付かず、脱輪する可能性もあります。

雪道走行時に携行したいグッズ

タイヤチェーン

雪道を安全に走行するためには、タイヤの摩擦力を上げることとタイヤの駆動力を確保することが重要です。摩擦力を上げるためにはコンディションの良いスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを使用することです。駆動力を上げるためには、あえて重量物をラゲッジに積み車重を増やすことです。

危機脱出用アイテムとしてスコップ、古い毛布やフロアマットなどの大きめの布類やスノーヘルパーを常時携行すると良いでしょう。

自車の危機を知らせるため、多めに発煙筒を用意したり、三角表示板も車両前後に掲出できるよう準備しておくと、他車両の追突などを回避できる可能性が高まります。

では、もし雪道にはまってしまったら、どのように脱出したら良いのでしょうか?

次ページ雪道にはまった時の脱出法

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事