タイヤの組み換えと交換の違いとは?

タイヤを自動車に装着するには

タイヤ交換

タイヤは、それ単体では自動車に装着することができません。ホイールを内側の空間に組み込む必要があります。

さらに、実際に使用する前に、各部のバランスを取り、必要ならばアライメント調整なども行われます。

タイヤを自動車に装着して、使用できる状態にするには、プロの技術が必要なのです。

タイヤ交換とは?

タイヤ交換とは、通常、すでにホイールが組み込まれているタイヤセットを付け替える(交換する)作業のことを指します。

夏用タイヤとスタッドレスタイヤの交換は、多くの方が経験しており、一般的ですよね。他にも特殊用途として、サーキットでスポーツ走行を楽しむ際に、公道用からサーキット用へ交換したり、オンロード用とヘビーデューティー用、乗用と貨物用のタイヤ交換などもあります。

自動車免許をお持ちなら、教習所でタイヤ交換の方法は習ったことと思います。

タイヤ組み換えとは?

タイヤにホイールを組み込むことを、一般的にタイヤ組み換えといいます。

このタイヤにホイールを組み込む作業は、大きく2つに分けることができます。それが「タイヤ組み換え」と「タイヤ組み込み」です。

タイヤ組み換え

タイヤ組み換えとは、すでにタイヤを組み込んであるホイールからタイヤを外し、他のタイヤを装着することです。

これはおもにタイヤが摩耗し、交換する場合に行われます。他にも、燃費、グリップ力、乗り心地、静寂性など、一定の性能に特化したタイヤに変更する場合も、一般的にはタイヤ組み換えです。

タイヤ組み込み

タイヤ組み込みとは、タイヤが組み込まれていないホイールにタイヤを装着することです。

スタッドレスタイヤをホイールごと新調したり、ホイールをインチアップしてワイドタイヤを新しく購入した時などに行います。

次ページタイヤ交換・組み換えの工賃や所要時間は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事