「ケンメリ」でお馴染みのスカイライン。シリーズでもっとも売れたC110とは?

ケンとメリーのCMでお馴染み!C110型スカイライン

ケンメリ

多くの歴史的な車名が消滅するなか、1957年の登場以降、現在までじつに60年もの間、販売が続いている日産 スカイライン。現在販売されているV37型は、その13代目にあたります。

その歴史のなかで、もっとも売れたのが、1972年に登場したC110型(4代目モデル)でした。

「ケンとメリーのスカイライン」をキャッチコピーにしたCMが爆発的にヒットし、車両本体だけでなくKen&Maryのロゴ入りグッズも飛ぶように売れたC110型は、1977年に生産終了し、5代目モデルにバトンタッチするまで、約5年間で67万台を販売しました。

読者のなかには、いまでも「ケンメリ」の愛称に親しみをおぼえる方も多いことでしょう。

時代背景が異なるため、一概に言えないことは承知のうえで、販売台数を比較すると、現行モデルのスカイラインの販売台数が2016年の1年間でおよそ6,000台だったことを考えると、どれだほどの大ヒットだったのかがわかります。

どんなモデルだったの?

スカイライン C110

C110型のスカイラインには、2ドアハードトップ、4ドアセダン、5ドアのステーションワゴンをラインナップ。いまでは考えられなことに、ステーションワゴンには商用車登録用のバンまで用意されていました。

またS20エンジンを搭載したGT-Rが設定されたのはハードトップのみ。さらに生産台数も197台(これより多いという説もあり)と極端に少ないことから、現在では価値が高騰しています。

ハードトップのボディサイズは、全長4,460mm×全幅1,625mm×全高1,385mmで、ホイールベースは2,610mm。4ドアセダンは全高が10mm高いだけで、他の数値は共通。いずれに5ナンバーに区分されるサイズでした。また、このモデルから警察庁のバトロールカーとして導入されています。

スカイラインの販売台数は?

歴代のスカイラインの国内販売台数をチェックしてみましょう。

初代モデル・ALSI型 1957~1963年 33,759台
2代目モデル・S5型 1963~1968年 114,238台
3代目モデル・C10型 1968~1972年 308,502台
4代目モデル・C110型  1972~1977年 670,365台
5代目モデル・C210型 1977~1981年 539,727台
6代目モデル・R30型 1981~1990年 406,432台
7代目モデル・R31型 1985~1989年 309,716台
8代目モデル・R32型 1989~1993年 252,726台
9代目モデル・R33型 1993~1998年 200,698台
10代目モデル・R34型 1998~2001年 53,279台
11代目モデル・V35型 2001~2007年 38,000台前後
12代目モデル・V36型 2006~2016年  47,000台前後
13代目モデル・V37型 2014年~ 16,000台前後


スカイラインは歴史のある車です。どのモデルが一番かは、古くからの自動車マニアの間で、いまだに熱い議論が交わされているほどですが、こと販売台数だけで考えると、4代目モデルのC110型が一番になります。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事