生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

美しき隠れた名車…

日産 シルビア 初代

1964年の第11回東京モーターショーにダットサンクーペ1500として出展され、翌1965年4月に発売されたシルビア(CSP311型)。

エレガンスを感じさせる非常に美しいデザインは、社内のデザイナーが描いたもので、ドイツ人デザイナーのアルブレヒト・フォン・ゲルツ氏の助言を受けながら作ったと言われています。

型式からわかるようにシルビアは、当時のフェアレディ(SP311型)のシャシーとエンジンおよびミッションを使って製作されたもので、ボディサイズは、全長3,985mm×全幅1,510mm×全高1,275mmと非常にコンパクトにまとめられていました。

フェレディと同じR型エンジンは、4気筒OHVの1,595cc。SUツインキャブによって、最高出力90ps/6,000rpm、最大トルク13.5kg.m/4,000rpmをそれぞれ発揮しました。

足回りは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアに半浮動リーフリジッドの組み合わせ。ブレーキは、フロントのみディスクが採用されており(リアはドラム)、最高速は165km/hとカタログにも記されています。

海外に追いつき追い越せの時代背景…

ご存じの方もおられると思いますが、この初代シルビアにはベンチマークと思しき、そっくりなデザインのクルマが存在します。それがイタリアのランチア フルヴィアクーペです。

フロントを低くみせるノーズ部分の処理、繊細な印象のAピラーなど、クリスプカットと呼ばれた美しいデザインのもとになっているのは、明白でしょう。

ただし、ランチアは狭角V4エンジンのFF駆動という点で、FRのシルビアとは大きな違いがありますから、あくまでもデザインの参考にした程度なのかもしれません。

次ページなぜ生産台数が少なかったのか?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事