60万円も車を高く売れる!? もはや常識レベルの売却方法とは?

「下取り」と「買取」、どっちが高く売れるの?

無題

車を売却する方法として一般的なのは、ディーラーの「下取り」と買取業者の「買取」。まずはこの2つの売却方法のメリットとデメリットを解説します。


「下取り」のメリット、デメリット

まずメリットは、車の売却に手間が掛からないこと。新車の購入と車の売却をひとつの業者に依頼することができます。また、「下取り」の査定金額分、新車の価格を値下げしてもらえるというメリットもあります。

デメリットは、ディーラーに「愛車の買取相場よりも安い値段で買い取られてしまう」場合があること。ディーラーは自社メーカーの車を売ることが目的なので、下取り金額を上げてしまうと利益が少なくなってしまいます。ですから、買取業者よりも下取り金額が低いことが多いのです。


「買取」のメリット、デメリット

車を高く売るなら、買取業者を利用した方がよいでしょう。

買取業者は買い取った車を中古車業者だけが参加できるオークションなどで売却しています。「査定した車がどれくらいの価格で売れるのか?」をディーラーより熟知しており、価格交渉にも応じてくれやすいのです。

また、査定には車の状態だけでなく、モニターなどの人気装備も付加価値として評価されます。メーカー純正品であれば「下取り」の場合もプラスになりますが、社外品の場合は加味されにくい傾向にあります。

そのため、純正品以外でもオプションとして評価してくれる買取のほうが査定金額が高くなることが多いのです。

デメリットとしては、車を売却する手間が掛かること。次の車の購入と、車の売却を別々の業者に依頼しなければなりません。なるべく売却に手間を掛けたくない人は、「下取り」を利用すると良いでしょう。


実例を見てみると…

「買取」のほうが査定金額が高いというメリットがあることがわかりました。では、どれほど差がつくことがあるのでしょうか。

過去に「下取り」と「買取」の両方で査定をされた方の例を紹介します。

2013年式の日産セレナ(走行距離40,001km〜45,000km、グレードはライダー)の場合、下取の査定価格が120万でした。

それに対し、買取の査定価格は140〜180万円。買取業者によって査定価格にばらつきは出たものの、どの業者も「下取り」より高く、最高で60万円もの差が出たのです。

もちろん、すべての場合において「買取」が高くなるとは言い切れませんが、「買取」のほうが高い傾向は確かにあるようです。


愛車の価値を調べてみませんか?

「下取り」と「買取」、どちらを利用する場合にも必要なのは、愛車の価値を事前に把握しておくことです。では、愛車の価値はどのように調べればよいのでしょうか?

日産 セレナ

「ネットの一括査定」を利用してみましょう。

最も手軽に調べられる方法は、ネットの一括査定。

こちらは、ネットでお車の簡単な情報(車種、年式、走行距離)と連絡先(電話場号など)を入力するだけで、複数の買取業者の見積を受けることができるサービスです。

複数の買取業者が競合するので高い査定金額が出やすいですし、自宅近くで最も高い査定金額を出してくれる買取業者が分かります。

サービスの利用は無料で、査定金額に満足しない場合は車を売却しなくても構いません。また、車の査定金額は需要や時期によって日々変化するので、何度でも利用可能です。

いまやネットの一括査定を受けることは車好きのなかでは常識となりつつあります。

車を賢く売却したい、今の愛車の価値を知りたいと言う方はぜひ一度、「ネットの一括査定」をご利用してはいかがでしょうか?

この記事をシェアする