フェラーリ 488GTBとはどんな車?スペックや中古価格について

フェラーリ 488GTBの概要

フェラーリ 488 GTB

創業以来、V12を主流とするフェラーリには、スモールフェラーリと呼ばれるV8エンジン搭載のモデルが1970年代からラインナップされています。

現行型のスモールフェラーリ 488GTBは、458イタリアの後継として、2015年3月のジュネーブショーで発表されました。ボディ形状は、2ドアのクーペ(ベルリネッタ)で、乗車定員は2名です。

車名の488という数字は、1970年代までV12フェラーリの命名で使われていた、1気筒あたりの排気量を表すものとなっています。つまり、488×8が総排気量を表しているというわけですね。

ボディサイズは、全長4,568×全幅1,952×全高1,213mm、ホイールベースは2,650mm。488のデザインアイコンともいえる大型のエアインテークは、1975年に発売された308GTBを意識したスタイルとなっていることが特徴。丸型LEDテールライトのデザインは、458から一新されています。

488のオープンモデルとなるスパイダーは、2015年9月に発表。電動ルーフは、時速45キロまでなら走行中の開閉も可能となっています。

488GTBの日本での販売価格は、3,070万円と、前任の458イタリア(3,390万円)よりも安い設定となりました。

フェラーリ 488GTBのスペック

フェラーリ 488 GTB

488GTBのミドに搭載されるV8エンジンは、近年のヨーロッパのトレンドを受けたダウンサイジングターボ。排気量は3,902ccながら、最高出力492kW(670CV)/8,000rpm、最大トルク760Nm(77.5kgm)/3,000rpmをそれぞれ発生。458イタリアの4.5Lに比べて、出力が約100ps、トルクは220Nmの性能向上が達成されています。

歴代もっともパワフルなF154CB V8エンジンを搭載する車両重量(乾燥重量)は1,370kg。トランスミッションは7速を採用。

最高速度は330km/h以上、0-100 km/h加速3.0 秒、0-200km/h加速は8.3秒をマークします。さまざまな革新的技術の組み合わせによって、フィオラーノサーキットでのラップタイムは、F50よりも4秒も速い、1分23秒フラットを記録しました。

フェラーリ 488GTB 画像ギャラリー

フェラーリ 488GTBの中古価格について

大手中古車情報サイトによると、フェラーリ488GTBは発売されて間もない車種ということもあり、タマ数は少なめで、中古車価格もほぼ新車価格と変わらない状況にあるようです。

中古車価格の最低価格は、3,200万円で、最高価格は4,150万円となっています。(2017年5月現在)2015年の発売ですから、無理もない数字でしょう。

正規輸入の488GTBには、7年保証がついており、所定の手続きや条件を満たせばオーナーが変わっても引き継がれます。中古車を選ぶ際には、メーカーの新車保証がついているかどうかもチェックしましょう。

ベースグレードの車両本体価格(3,070万円)よりも高額な、3,200万円のプライスタグが付いた488GTBには、カーボンドライバーゾーン+LED、デイトナシート、純正20インチ鍛造AWフロントリフティング、イエローレブカウンター、スクーデリアエンブレム、フルセグHDDナビなど、多くのパーツが追加されていました。車検も2年ほど残っており、すぐに乗りたいという方にはおすすめのモデルといえそうです。

一方、4,150万円というプライスタグの488GTBは、走行距離も900kmで、エキゾースト、サスペンション、鍛造アルミホイールなど高額なパーツがてんこ盛り。
 
最新のスモールフェラーリ、488GTB。新車で買っても納車まで時間がかかるという理由で、新車よりも高額な中古車を買うリッチなユーザーがいるようです。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事