似た者同士で永遠のライバル!フォード マスタングVSシボレー カマロ

フォード マスタング

マスタング

ロングノーズ、ショートデッキのデザインが黒いボディに合うマスタングです。見た目の豪快なインパクトとは裏腹に、運転がしやすいと言われています。初代マスタングは1960年代に発売され、ポニーカーという新しいジャンルを生み出しました。

ポニーカーとは、手頃な価格のコンパクトなスポーツタイプの車を指します。アメリカの若者をターゲットとしていました。

シボレー カマロ

カマロ

初代マスタングの発売から遅れること3年、カマロは1967年に発売されました。

こちらもポニーカーのジャンルに属し、マスタングとはしのぎを削った車種です。

マスタングとカマロのターゲットは..?

前述したように、共にポニーカーというジャンルに属していて、ベビーブーマーをターゲットとしました。

価格はマスタングが約442万円であるのに対して、カマロは約468万円(両者、2014年9月現在)です。また、どちらもレギュラーガソリンに対応しているため、アメ車にも関わらずお財布に優しいです。まあ、アメ車に乗るタイプの人は「維持費なんて関係ないぜ!」と豪快なことを言うかもしれませんが。笑


マスタングは良くも悪くも保守的であることから、快適かつクールにドライブを楽しみたい人、カマロはガンガン攻めていく感じで、テンションを上げて運転したい人向けだと言われています。

初代発売から50年近く経った今もライバル関係を維持しているマスタングとカマロ。それゆえ、何かと両者が比較される機会は多いですが、切磋琢磨して両方が良いクルマになるといいですね。

全幅1,900mm超えのシボレー カマロ。日本で最適な全幅はいくつ?
シボレー カマロがフルモデルチェンジ!新型情報と現在の中古価格に迫る!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事