実は前からあった「勝手にロック」…最近のスマートキーの便利すぎる機能とは?

そもそもスマートキーにはどんな機能があるのか?

最近非常に増えている「スマートキー」。ポケットなどにカギを入れておくだけで、実際に刺さなくても車の施錠や解錠、エンジンの始動などが出来る機能がついた非常に便利なアイテムです。

このスマートキー、上に挙げた機能のみならず、自動車から離れると自動的にドアロックをしてくれるモデルもある様です。動作に一定の条件はあるようですが、車を離れるとロックしてくれるというのは非常に便利で良いですね。施錠忘れを効果的に防いでくれるだけでなく、盗難や車上荒らし対策と言う意味でも一役買ってくれます。

実は以前からあった!持ち主が離れると勝手にロックされる車

スマートキーのような機能、実はここ最近出来たものではありません。皆さんがよく見るあの車にも備わっている機能です!一体どの車でしょうか?

答えは、ヤマト運輸が採用しているトヨタクイックデリバリー。この車は鍵を使用しなくても勝手に施錠がされるのです。構造としては、「ドアを閉めると施錠される」というもの。

スマートキーのようなデバイスではなく「閉める=施錠」という機能は、荷物の出し入れが多いドライバーにとって、少しでも動作を減らして確実に施錠するという点ではとても効率的に感じられますね。荷物を持ったまま施錠をしようとして荷物を落としてしまうリスクも減らせます。

車から離れるのは荷物を届ける一瞬だけ、という仕事柄、つい施錠を忘れてしまうケースも考えられます。そうした些細なミスを未然に防ぎ、大切な荷物を盗難から守ることが出来るのは非常によく出来た機能ではないでしょうか。

私たちが乗る乗用車だと少し不便に感じるかもしれませんが、宅配便用のトラックだからこその便利機能と言えます。

自動でパワーウインドウやドアミラーをたたんでくれる

スマートキーに限らず、キーレスエントリー車によくある機能。施錠ボタンを押し続けることで、パワーウインドウを全閉にしたり、ドアミラーをたたんでくれるものもあります。ドアミラーは忘れにくいですが、パワーウインドウはうっかり開けたまま駐車してしまうというケースも少なくありません。

特に、駐車場で駐車券を取るときに窓を開けてそのまま忘れてしまった、同乗者が開けた窓の閉め忘れに気づかなかった、というのは皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか?
このような時に、アクセサリー電源をオンにしなくても施錠ボタンの長押しでクローズできるのは手軽で便利ですよね。また、開錠と同時にドアミラーのオープンをしてくれるモデルもあるそうです。施錠、開錠状態の確認も出来ますね。

スマートキーの次世代モデル?足をかざすとトランクが開く!

Comfort access

両手が荷物でふさがっている時に、足でトランクやバックドアが開けられたら便利ではないでしょうか?この機能、実はヨーロッパ車を中心に増えています!仕組みとしては、スマートキーを持っている状態でトランクやバックゲートあたりのバンパーの下に足をいれて左右に振るとセンサーが反応し、トランクやバックゲートが自動で開くというもの。旅行や帰省など荷物が多いときにはとても便利な機能ですね。

もし将来日本にも導入されたらぜひ使いたいという人は多いのではないでしょうか。

ドアの開錠、施錠ひとつとっても、いろいろな機能がありますね。最近は電子デバイスでどれも便利になっていますが、動作条件や動作方法などは各メーカーで異なっているようですので、購入の際はそれぞれの違いを確認しておくことをオススメします。


関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事