水などが入っても大丈夫?ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

ボンネット上にあるダクトの意義は…

過給機装備の車にはボンネット上にダクトが存在するケースが多くあります。エンジンに異物や水が入るリスクがあるのにも関わらず、付いている理由は「冷却」のためです。

現在の過給機装備車にはほぼもれなく「インタークーラー」が装備されています。特に排圧を使用しタービンを回す「ターボ車」は、ただでさえタービンが高熱になることと、空気を加給し圧縮するため、空気の体積が増えると同時に「温度が上昇する」性質があります。

そうなると、シリンダーに取り込む空気の量はあまり増えなくなってしまいます。そこでインタークーラーを配することで、「圧縮吸気を冷やす」ことにより空気の膨張を抑える事ができるため、無い場合より多くの空気を取り込んでガソリンと共に燃焼する=出力を向上させる事が可能になるのです。

インタークーラーはこのような役割があり、これを冷却させるためにボンネットにエアダクトを配置して、走行中に冷却、または熱の放出を行う必要があるわけです。メーカーサイドとしても、「必然としての装備」であることから、水の浸入も考慮した作りとなっており、エンジンルーム内にも水抜きの穴など配して、水が溜まらないようになっています。

もちろん、水のエンジンルーム内への浸入は歓迎すべきことではありません。電装機器への予期せぬダメージや、一番嫌な「腐食」にもつながりかねません。現在のクルマはこの水対策をしっかり行っておりますし、錆びやすい箇所には樹脂パーツを使用するなど、長年のノウハウの蓄積が備わっているので、注意すべきはアフターマーケットパーツに換装した場合…という事になりそうですね。

ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

アフターマーケットパーツのボンネットは様々なものがリリースされています。軽量かつ強度のある「カーボンボンネット」はスポーツ走行する方々にも人気のアイテム。実際ボンネットは重いパーツですから、カーボンやFRPに換装するだけで、6キロ以上軽量化することも可能。フロント加重が減るわけですから、これは走行性能にも寄与するカスタマイズにもなりますね。

また冷却機能を向上させるダクトも多く配されているものが散見されます。確かに、スポーツ走行などの使用であれば、これは有効。エンジンの冷却、インタークーラーの冷却効果も向上が期待できるでしょう。

しかし、日常使用となると少々勝手が変わってきます。屋根のない保管場所であれば、長時間の風雨にさらされることもあり、電装パーツ等、「メーカーが想定していない箇所」への浸水ダメージという事もあり得ます。やはりこれは自己責任…という事になるかもしれませんね。

メーカー純正のボンネットは水の流れ等も考慮した上で作られています。建物の雨漏りの修復が難しいように、水の流れは読みずらいもので、少しの変化でその流れは大きく変わる事があります。

確かにフロントの軽量化、冷却効果の向上は魅力ではありますが…。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事