水が入っても大丈夫?ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

ボンネット上にあるダクトの意義は…

ダクト

過給機を装備した車両のなかは、ボンネット上にダクトを設けたモデルがいくつかあります。エンジンルームに異物や水が入るリスクがあるのにも関わらず、ダクトが付いている理由は、ただひとつ、冷却のためです。

現在の過給機装備車には、ほぼもれなくインタークーラーが装備されています。特にターボ車は、ただでさえタービンが高熱になることと、空気を圧縮してシリンダーに送り込むため、空気の体積が増えると同時に、温度が上昇する性質があります。

そうなると、肝心の空気の量はあまり増えなくなってしまいます。そこでインタークーラーが圧縮吸気を冷やすことにより、空気の膨張を抑え、シリンダーに送り込む空気の量を増やします。これで多くの空気を取り込んでガソリンとともに燃焼させる=出力を向上させることが可能になるのです。

このインタークーラーを冷却するためにボンネットにエアダクトを配置して、走行中に冷却、または熱の放出を行う必要があるわけです。

メーカーサイドとしても、必然の装備であることから、水の浸入などを考慮した作りとなっており、エンジンルーム内にも水抜きの穴などを配して、水が溜まらないようになっています。

もちろん、水のエンジンルーム内への浸入は歓迎すべきことではありません。電装機器への予期せぬダメージや、腐食にもつながります。

とはいえ、現在のクルマはこの水対策をしっかり行っておりますし、錆びやすい箇所には樹脂パーツを使用するなど、長年のノウハウの蓄積が備わっているので、注意すべきはアフターマーケットパーツに換装した場合…ということになります。

ダクト付きのボンネットのメリット・デメリット

アフターマーケットには、さまざまメーカーからボンネットが発売されています。

軽量かつ強度のあるカーボンボンネットは、スポーツ走行する方々に人気のアイテム。実際、ノーマルのスチールでできたボンネットを、カーボンやFRPに換装するだけで6キロ以上の軽量化が可能ともいわれます。またフロントの荷重が減るわけで、走行性能にも寄与するカスタマイズにもなります(ただし、フロントサスに掛かる重量が変わるので、正しいサスペンションのセッティングが必要になります)

そのなかには、冷却機能をより向上させるため、多くのダクトを持ったパーツもあります。ダクトが多いわけですから、愛車の冷却性能向上には有効に働くことが期待できます。

しかし、日常使用となると少々勝手が変わってきます。屋根のない保管場所であれば、風雨にさらされることもあり、電装パーツ等、メーカーが想定していない箇所への浸水ダメージということが考えられます。そのために発生したトラブルは、やはり自己責任…ということになるでしょう。

メーカー純正のボンネットは、水の流れも考慮したうえで作られています。建物の雨漏りの修復が難しいように、水の流れは読みずらいもので、少しの変化でその流れは大きく変わることがあります。

フロントの軽量化、冷却効果の向上は走り好きとしては魅力ですが、総合的に判断すると、純正パーツが一番ということになりますね。

ダクト付きボンネットの洗車後ロータリーエンジンルーム

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事