減少する気筒数…BMWがターボ化を進めてきた理由とは?今後の方向性は?

BMWが追求するダウンサイジングターボエンジン

BMW 1シリーズ 118i ファッショニスタ

2015年9月5日、BMWのエントリーモデル「118i」のエンジンが、直列4気筒1600ccターボから、直列3気筒1500ccターボへ変更されるマイナーチェンジが行われました。一層のダウンサイジングが進みつつも、馬力、トルクともに元のエンジンと同等で、燃費は優れているこのエンジンはMPVの「218iアクティブツアラー」や、SUVのエントリーモデル「X1」にも搭載され、BMWのエントリーモデルにおけるスタンダードとなりつつあります。

数年前からBMWはダウンサイジングターボ(小排気量&ターボ化)を進めてきましたが、ついに気筒数の削減にまで手をつけたのです。

BMWの新しいこだわり「1気筒500cc」

かつてヨーロッパの車と言えば、小排気量で安価、または大排気量でスポーティなグレードに分かれるイメージでした。しかし今は排気量を下げてターボを組み合わせ、小排気量でも大排気量並のトルクがトレンドになっているのです。

それに加えてBMWでは「1気筒あたりの排気量が500ccのエンジンが、理想的な効率を持つ」という結論に達し、各エンジンを急速に置き換えつつあります。それでBMWの最近のエンジンは、「3気筒1500cc」(1シリーズなど)「4気筒2000cc」(3シリーズなど)「6気筒3000cc」(5シリーズなど)といった、500cc刻みに変わりつつあるのです。7シリーズなどのV8エンジンはまだ4.4Lですが、4Lエンジンになるのも時間の問題かもしれません。

それらは全てターボ化され、1ランク上の出力を発揮するようになっているのです。しかも、小排気量ながらもターボチャージャーとエンジンのセッティングにより低回転で大トルクを発揮し、燃費は向上させてきています。

今のBMWでは、その上質な滑らかさゆえに「シルキー6」と呼ばれた2000ccや2500ccの直列6気筒エンジンは、過去の話になりつつあるのです。

次ページBMWが打った、「2017年問題」への布石

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事