似ているようでまるで違う!? VWゴルフとプジョー308

フォルクスワーゲン ゴルフ:いつの世もオーソドキシー

ゴルフ

ゴルフの安定感というのはちょっとほかでは真似のできない領域です。

「安定感」、ここで申し上げたいのは走行性の上での安定感ではなく、例えばクルマ作りの上でのコンセプトの確かさやブレのなさ、思想の高さ、そういった部分のことです。ゴルフはほぼ、いつ買っても、いつ人に勧めてもハズれが少ない。この安定というか、信頼が、ゴルフが歴代積み重ねてきた人徳のようなものでしょう。

常に最良と考えられるパワーユニット、足廻り、安全性、そして操る楽しさ・・・。「ゴルフ」としての「基礎」がブレないというところが多くのユーザーから認めを得ている部分なのでしょう。

プジョー 308:個性を弱めたのは本気度の高さの証し?

横から見ると「これはゴルフじゃないか?」と思わせるようなところもある最新の308。

元々プジョーは、実用車でありながらピニンファリーナにデザインを依頼していた時代があったり、その後もややエキセントリックながら独自の「つり目」路線で個性を強調していました。

ところが今回は、それに比べるとなんともジミ。

しかし車重の大幅軽量化や安全性向上、室内空間の確保など、新たな課題に取り組んでおり、むしろ見た目よりも中身で勝負するのだという意思表示なのかもしれません。

普段着で気楽に付き合える感覚のゴルフ

これはゴルフGTIのインテリア。

チェック柄のシートなど、初期の頃のゴルフGTIのファッションを踏襲していますよね。ゴルフのインテリアは歴代「カジュアル志向」。

実用車ですからなんの気兼ねもなく普段着感覚で「お気軽にどうぞ」という雰囲気の持ち主です。そんなあたりもユーザーとの距離を縮めてくれる好要素なのかもしれません。

自動車というのは高額商品ですからどうしても「気張って」しまうところがあるけれど、このクルマにはそういうところがない。あくまでも、ユーザーの生活に寄り添うことがゴルフ、あるいはフォルクスワーゲンの本分なのですね。

ゴルフのシートはやや堅めでしっかりと身体を支えてくれる、頼りがいのあるかけ心地。ドライバーや同乗者を正しく着座させ、ストレスを軽減し、同時に適切に緊張を保つことで眠くさせない、そんな意思も感じられます。

そこはかとなく感じる品の良さが308の魅力

これはプジョー308のインテリア。

ゴルフの実用的でややドライ、ビジネスライクなインテリアに対して、やはりここはそれ、フランスの美意識が現れている部分ですよね。メーター配置のユニークさも目立つところですが、全体的にシックでしっとりとした大人っぽい雰囲気。

ゴルフがポロシャツにジーンズという感じなら、こちらはちょっと「どんな服にしようかな」と考えさせるようなところも。そんなあたりがやっぱりフランス車の魅力ですね。

それと、忘れてはいけないプジョーのシート。フランス車全般的にシートはいいと評判です。

これ、乗ってみないと本当にわかりません。最初は「まあふつうかな」という感じだけど、10分もしないうちにシートが体に優しく「合わせてくれる」感じがして、それがとても快適で、しかもクルマとの一体感にもつながり、ドライブがまったく退屈じゃないんです。ずっと座っていたい!そんなシート、それだけでも「買い」じゃないでしょうか。

次ページ一番の違いはココ!走り味は「剛」と「柔」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事