カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ XC40に乗ってみた

ボルボ XC40の第一印象は?

ボルボ XC40(大田中撮影)

実車に対面しての第一印象は、コロンとしたデザインがどうも好きになれません。ナンバープレートがバンパーレベルにあるのも好きじゃない。のっぺりとしてまぬけに見えてしまいます。

ドアを開けてみると、オレンジ色が目に入りました。このグレードにオプションの”Lava”オレンジカラー・フロアカーペット&内張りで、カタログによると、「XC40のみずみずしいキャラクターを一段と際立たせる、鮮やかな色調です」とのことです。

オレンジ色が好きな自分好印象でした。また、ちょっとどこかに出かけようかという気分にもなります。ただ、きれい好きじゃないと床面は汚れて黒ずんで残念な状態になってしまいそうなので、この色を選択する場合はまず自分の性格と相談した方がいいでしょう。

”あっ、いい感じだな”と思う走り

ボルボ XC40(大田中撮影)

走り出してみると意外な好印象でした。青信号になってからの加速も踏んだアクセル量に応じてリニアで違和感がないし、すすすっと軽快にスピードが乗っていきます。赤信号に向かってのブレーキングもペダルの踏み量に応じた自然な効き方をするのでいい感じです。

アクセルとブレーキを不自然にセッティングしているクルマは、少しの踏力でドンと飛び出しガクッと減速するので運転心地も乗り心地も良くないので嫌なのですが、XC40はそんなことがなかった。

試乗ルートには、高架路へのカーブで上がる、また下りるという区間もありましたが、ハンドルを切るとこれまた切った量に応じてすっとそちらに向かっていく自然な感覚がちょっといい感じでした。運転していて何かの瞬間に、”あっ、いい感じだな”と思う瞬間があるクルマはいいクルマだと思います。

ナビの画面に注目!

ボルボ XC40(大田中撮影)

自分にとって特筆すべきいい点はナビの画面です。

9インチのタッチ式スクリーンは縦型なので、ヘディングアップ(進行方向が上になる)で使うし、方向音痴のためナビがあっても曲がる交差点をミスしたり、先がわからないと不安になったりする自分としては未来が多く見えるのはとても嬉しいし、心の安心感が抜群に違います。

運転席側にちょっと向いている画面は色合いやフォントもいいし、映り込みを抑える特殊コートも施されているそうでとても見やすい。何か勘違いしている日本車は見習ってもらいたい。

収納、荷室容量は?

ボルボ XC40(大田中撮影)

試乗を終えてクルマをあれこれ観察してみました。

後席も充分な広さと高さがあるので居心地は良さそうです。1リットルのペットボトルやノートPCも入る大容量ドアポケットをはじめとした収納類が充実しているのは日常生活に便利そうですし、ダッシュボードと、荷室のラゲッジボードを山折りした時に現われるフックがまたいい。大事なケーキが入った紙袋やお土産の袋をここにぶら下げておけば、滑り落ちる心配も袋の角が折れてしまうことも防げるし。

ボルボ XC40(大田中撮影)
ボルボ XC40(大田中撮影)

XC40はどんな人に合うのか?

さて、このクルマはどんな人に合うのか?ちょっと想像してみました。

若夫婦、中年夫婦、老年夫婦、どの世代にも合いそうです。幅が1875ミリなので入らない立体駐車場もあるかもしれませんが、日常で使い勝手が良さそうですし、2人であるいは友人を誘っての遠出も楽しいんじゃないでしょうか。

基本的な好みの問題があるので自分は買いませんが、XC40を買いたいんだけどとどうかなともし誰かから相談されたら無条件で「いいと思いますよ。きっといいことがあると思います」と答えるでしょう。問題は2018年12月24日時点で9ヶ月待ちという納期。輸入車慣れしている人なら待てるでしょうけど、日本車からの乗り換えや新規購入の場合待てるかどうか……

ちなみに、カー・オブ・ザ・イヤー選考委員60人の内XC40に満点の10点を投じたのは14人でした。次点だったカローラ・スポーツには22人が10点を投じていたので、突出したところがない代わりに、全体的に評価が高く、「ここええんちゃうん?」という光る点がいくつかあったことが受賞した理由なのかなと思いました。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives