東名綾瀬バス停付近や中国道宝塚トンネル付近など…渋滞になりやすい区間はどんな対策がされている?

行楽ドライバーを悩ませる、渋滞…

渋滞

行楽シーズン到来が到来し、お休みの日にドライブの計画を立てている方も多いことでしょう。しかし、避けて通れないのが渋滞です。週末やGW、お盆に年末年始など、休日が集中する期間はどうしても道路が混雑しがちです。

特に渋滞がひどいことで有名なのが、東名高速道路の「大和トンネル付近」。国土交通省資料によれば、海老名ジャンクションが2010年に供用開始され、圏央道と接続したことで、若干の渋滞減少が認められるとのことですが、実感としてはそれほどの効果を感じられません。

こうした大和トンネル付近をはじめとしたボトルネックから起こる渋滞対策として、国土交通省は「首都圏渋滞ボトルネック対策協議会」を設立し、対策を検討しています。

次ページなぜ東名高速 大和トンネル付近は渋滞するのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives