クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

PIAA史上最も明るいLEDバルブ カンデラ値を高めた極薄基板とは?

闇夜を照らす理想の光とは

視界をしっかりと確保し、ドライブを安心・安全へと導いてくれるランプ。しかし、ランプとしての理想、つまり、どんなランプが安心・安全をもたらしてくれるのかは、意外に知られていません。


純正ハロゲンランプ

無題

PIAA LEDバルブ

PIAA LED

簡単に言えば、ランプは対象物を明るく照らすことが理想であり、そのためには、ランプバルブにおける光量ではなく、対象物をいかに明るく照らすことができるかが重要です。
もう少し詳しく言えば、ランプバルブの光量を表すルーメン値ではなく、対象物を照射した明るさを計測するカンデラ値を追求することが、その理想への近道となります。
事実、車検の審査基準ではカンデラ値が用いられています。

無題

そんな理想を実現したのが、この度PIAAがリリースした「ヘッド&フォグLEDバルブ」シリーズです。実用性に直結する明るさを実現し、PIAA LEDバルブ史上最高のカンデラ値を手に入れているのです。

PIAA LED

今回、CarMe編集部は群馬県にあるPIAAテクニカルスタジオを訪れ、バルブを交換しながら比較し、そのポテンシャルを実際に確認することにしました。

無題
無題

テクニカルスタジオとは?
ヘッド&フォグLEDバルブシリーズの開発に使われたPIAAテクニカルスタジオ。最新鋭の計測機器を揃えた測光室では、国内法規対応となる10m測光、さらには海外規格に対応できる25m測光を行うことができます。法規対応だけではなく、独自に厳しい自社基準を設定して、性能はもちろん、品質を優先した製品開発が日々行われています。

PIAAの最先端技術が結集した最先端LEDバルブ

※純正ハロゲンランプ、新製品2タイプをハイエース(200系)のランプユニットを用いて比較。



純正ハロゲンバルブ

PIAA LED

PIAA LED新製品

PIAA LED

結果は、純正ハロゲンと比べて明るさ(カンデラcd)が3倍以上を示しました。
性能(明るさ)が向上することは分かっていたとはいえ、その劇的ともいえる変化に驚きを覚えたほどです。
実は、明るさを手に入れるためには、ルーメン値をアップさせる、つまり、電流量を増やすことが早道となりますが、その代償として、電力を多く必要とし、寿命は短くなってしまうもの。そう、経済的ではないのです。
この製品の消費電力にも注目です。

PIAA LED

明るさを保つためのこだわり

PIAA LED

ハロゲンに圧倒的な差を実現しましたが、そもそもLEDバルブにおいて重要となる発熱という課題があります。
その対処が不十分であると、点灯中に明るさはだんだん弱まり、カンデラ値は低下します。
そこで、アルミヒートシンクまでを一体とし、高性能を誇るプレミアムタイプにはファンを装着するなど、確実な放熱対策を採用しています。
その他、高性能制御回路の採用によって、最低電圧9V~瞬間最大電圧40Vにまで対応し、12V車だけではなく24V車へ、さらには、パルス制御車、電圧が不安定なクルマへの装着も可能としています。



ランプに求められる理想の明るさを実現しながら、経済性も同時に追求したPIAAの「ヘッド&フォグLEDバルブ」シリーズ。まさに、交換したくなるどころか、交換したほうが良いと言いたくなるほどのポテンシャルを手に入れた逸品です。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事