N-ONE LOW DOWNと標準モデルを比較①|内装・外装の違いは何!?

N-ONELOW0001

ホンダから発売されているセダン型軽自動車のN-ONE(Nワン)

このN-ONE(Nワン)は、セダン型の軽自動車の中では背の高いクルマでしたが、
背の低いLOW DOWNモデルを発売しました。

今回発売されたN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)は、
標準のモデルに比べて、約65mmていど背が低いクルマになっています。

なので、見た目もかなりスッキリしているようです。
また、N-ONE Low Down(Nワン ローダウン)は背の高さ以外にも、
標準モデルと異なる点が数多くあるようです。

そんなN-ONE(Nワン)とLOW DOWNモデルの違いについて、
ディーラーさんに話を聞いてきました。

※2015年7月23日の記事です。

テールゲートスポイラーが標準装備

また、標準モデルとN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)の違いの一つが、
テールゲートスポイラー。

今回発売されたN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)では、
見た目にもインパクトがある大型のテールゲートスポイラーが装備さています。

これによりN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)は、さらスポーティーさが
アップし、また、後ろからの雰囲気も全く違うようです。
この大型のテールゲートスポイラーにも注目ですね。

専用カラーを用意

今回発売されるN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)では、
専用カラーが用意されています。

N-ONE Low Down(Nワン ローダウン)の専用カラーは、標準モデルが
ベースになっている”G LOW DOWN”では2種類、そして、プレミアム ツアラーが
ベースになっている”プレミアム ツアラー LOW DOWN”では、3種類が用意されています。

そして、それぞれのこのような専用カラーが用意されています。


“G LOW DOWN”の専用カラー
カトラリーシルバーメタリック×ブラック
プレミアムディープモカパープル×ブラック

“プレミアム ツアラー LOW DOWN”の専用カラー
ポリッシュドメタルメタリック×ブラック
ブリティッシュグリーンパール×ブラック
ブリリアントスポーティーブルーメタリック×ブラック

このようにN-ONE Low Down(Nワン ローダウン)専用のカラーも用意されています。
特にアピールカラーになっているブリリアントスポーティーブルーメタリックの
2トーンカラーは、人気が出そうですね。

<次のページに続く>
次ページ
内装・インテリアのの違い

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ