N-ONEローダウンとアルトターボRS|内装・インパネのデザインを比較

N-ONELOW画像0003

ホンダのNシリーズ”N-ONE(Nワン)”から背が低くなった新モデル
ローダウン(LowDown)が新発売されました。

私も先日、このN-ONE ローダウン(LowDown)を試乗してきたのですが、
重心が低いこともあり、カーブした時の安定感はこちらの方が
良いように感じました。

そんなN-ONE(Nワン)の競合車の一つが、スズキから発売されている
セダン型軽自動車の新型アルト(ALTO)のターボ車”ターボRS”

N-ONE ローダウン(LowDown)と新型アルトターボRSの
内装・インテリアを比較してみました。

※2020年10月12日の記事です。

Chapter
内装・インテリアのデザインを比較
比較① インパネ
比較② ハンドル
比較③ シフトレバー

内装・インテリアのデザインを比較

比較① インパネ

N-ONE ローダウン(LowDown)のインパネ全体のデザインは、このような感じ。

基本的なデザインは、N-ONE(Nワン)の標準モデルと同じものの、
インパネのカラーはブラック一色。

内装色がブラック一色なので、引き締まった雰囲気に
なっていました。

また、助手席前のダッシュボードに使用されているウェーブメタル調の
パネルなどスタイリッシュなデザインになっていました。

一方、N-ONE(Nワン)の競合車の新型アルトターボRSのデザインは、
このようになっています。

ブラック一色だったN-ONE ローダウン(LowDown)のインパネとは異なり、
赤い挿し色が入っているデザインを採用。

送風口もこのように赤いデザインになっています。


赤の加飾がワンポイントになっていて、オシャレですよね。

また、新型アルトターボRSのダッシュボードの素材も、少しザラザラとして
普通のソフトパッドとは異なるデザインのものになっていました。

ちょっとカッコよいですよね。

ただ、個人的にはインパネのデザイン全体は、新型アルトターボRSよりも
N-ONE ローダウンの方が良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
比較② ハンドル

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ