視界性はどうだった?トヨタ タンク/ルーミー試乗インプレ

タンク/ルーミー画像-0387

トヨタから1.0リットルエンジンを搭載したタンク(TANK)&ルーミー(ROOMY)が
新発売されましたね。

今回新発売されたこのクルマはミニバンのように車高が高いクルマとなっており、
運転席からの視界性はかなり良さそうですよね。また、カクカクしたデザインで
見切りも良さそうですよね。

そんなタンク(TANK)&ルーミー(ROOMY)ですが、本当に視界性は良いのか?
また、視界性・見切りに関して欠点・デメリットは無いのか?

先日、今回新発売されたこの新型モデルを試乗した際に視界性・
見切りについても確認してきたので、前方視界の良し悪しについて
詳しく紹介したいと思います。

 ※2016年12月10日の記事です。

Chapter
トヨタ タンク/ルーミーの視界性:前方はどうだった?
理由その1:フロントガラスの大きさ
理由その2:ボンネットの短さ
ただ、ちょっと気になった部分も…

トヨタ タンク/ルーミーの視界性:前方はどうだった?

結論から申しあげますと、今回トヨタから新発売されたトヨタの
タンク(TANK)&ルーミー(ROOMY)ですが、前方視界はとても良く、
運転がしやすいクルマだと思いました。

今回新発売されたこの新型モデルの前方視界について良いと思った理由を
紹介したいと思います。

理由その1:フロントガラスの大きさ

まずトヨタのタンク(TANK)&ルーミー(ROOMY)の運転席に座って見てわかるのが、
フロントガラスの大きさ。

今回新発売されたこのクルマのフロントガラスはかなり大きく、
また、垂直に立っているので前方の視界がかなり良い!

運転席の着座位置は同じトヨタから発売されているヴォクシーやノアなど
5ナンバーサイズのミニバンと同じような感じなのですが、フロントガラスが
垂直に立っているため、ミニバンよりも前方の視界が開けている感じが…。

フロントガラスが寝ているミニバンよりも今回新発売されたトヨタの
タンク(TANK)&ルーミー(ROOMY)の方が前方の視界や見切りは格段に
良いように感じました。

また、Aピラーの太さは標準的だったものの三角窓も広く
左右の斜め前方の視界もしっかりと確保しているのも好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
理由その2:ボンネットの短さ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ