ダイハツキャスト アクティバとスタイル比較1|エクステリアを見比べ

キャストアクティバ画像0022

ダイハツから新型モデル”キャスト(CAST)“が発売されましたね。

今回キャスト(CAST)は、珍しく3つの異なるデザインを用意。
その中で、今回発売されたのは、SUVテイストのアクティバ(ACTIVA)と
そして、都会的なオシャレなデザインのスタイル(STYLE)

そして、スポーツ(SPORT)に関しては、現在のところ2015年10月末に
発売予定となっています。

先日、もうすでに発売されたキャスト(CAST)の2つのモデル
アクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を見てきました。

キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
基本的なデザインは一緒ですが、やはり見た目や雰囲気は異なる・・・。

また、ホイールのデザインやグリルのデザインも異なります。

そんなキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)の
見た目・エクステリアを比較していました。

※2015年9月12日の記事です。

ヘッドライトは違う?

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)とキャスト スタイル(CAST STYLE)で
丸いヘッドライトの形は、全く一緒。

ちなみに、キャスト(CAST)に登載されているライトは
コペン セロ(COPNE CERO)に登載されているヘッドライトとほぼ一緒。

一つの光源でハイビームとロービームの切り替えが出来る
“Bi-Angle LEDヘッドランプ”を採用。

LEDライトが標準装備されているのは、好印象でした。

ヘッドライトは共通の一方、フロントのフォグランプの形状は、
全く異なります。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のフォグランプは、
大き目のフォグランプを採用。

このフォグランプまわりの大き目のグレーのガーニッシュも含めて
SUVらしいですよね。

一方、アクティバ(ACTIVA)は、小さめのフォグランプを装備。
また、フォグランプのまわりはメッキ調のガーニッシュで加飾しており、
オシャレなデザインになっていました。

このように正面から見ると、どちらのモデルも
ライトにインパクトがあり、良いデザインだと思いました。

フロントグリルのデザインも違う!?

また、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)を見比べると、
フロントグリルのデザインも異なります。

それぞれのフロントグリルのデザインは、このようになっています。

■キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)

■キャスト スタイル(CAST STYLE)

2台とも大き目のフロントグリルを登載しているのは、全く同じ。

しかし、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)は、フロントグリルの
上部の方が下部よりも大きく、台形を逆にしたようなデザインに・・・。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)は、フロントグリルの
下部の方が大きく、ニカっと笑った顔のようなデザインに
なっていました。

また、フロントグリル内のデザインも異なります。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)はこのように六角形の模様が特徴的。

一方、キャスト スタイル(CAST STYLE)は、シルバーがワンポイントで
アクセントに入っているようなデザインは、新型ムーブ/ムーブの
フロントマスクのデザインに似ているなと思いました。

このようにキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)は、
基本的なデザインは同じものの、各パーツのデザインなどが
全く異なっていました。

<次のページに続く>
次ページ
横から見比べ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ