荷室のアレンジが豊富なのはどっち?|キャストとラパンを比較2

キャストスタイル画像0070

このスズキから発売されているラパン(LAPIN)は上品と言うよりも
カワイイ感じのデザインですが、女性に好まれるクルマと言う点では
共通点が多いと思いました。

しかし、この2台のクルマはボディサイズが違うこともあり、荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジ性に関しては、全く違う印象を持ちました。

そんなキャスト(CAST)とラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースの
アレンジ性や使い勝手を徹底的にレビューしてみたいと思います。

※2020年10月8日の記事です。

比較3:後部座席を格納時の広さ

またキャスト(CAST)・ラパン(LAPIN)ともに後部座席を格納にして
広い荷室・ラゲッジスペースを作る事が可能です。

またキャスト(CAST)では後部座席のスライド位置によって、
後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さも変わってきます。

後部座席を一番前にしたスライドした状態の時の荷室・ラゲッジスペースは、
このようになっています。

一方、後部座席を一番後ろにした状態での荷室・ラゲッジスペースは、
このようになっていました。

このように見比べると、荷室・ラゲッジスペースの広さが違う事が
一目で分かりますね。

一方、ラパン(LAPIN)の後部座席の背もたれを前方にパタンと倒した時の
荷室・ラゲッジスペースは、このようになっていました。

ラパン(LAPIN)もキャストに劣らない十分な荷室の広さがありました。

また、キャスト(CAST)もラパン(LAPIN)ともに後部座席の背もたれの部分で
段差が無いフラットなデザインになっているのは、好印象。

ただ、キャストの方がスライド式のために工夫をしたフロアボードの
段差が少し気になりました。

また、この2台とも荷室・ラゲッジスペースの手前に行くにつれて
少し低くなっている手前下がりになっているものの、使い勝手に大きな
影響は無いと思いました。

また、キャスト(CAST)とラパン(LAPIN)ともに左右独立して後部座席の
背もたれを倒す事ができるのも良いと思いました。

このようにキャスト(CAST)もラパン(LAPIN)も荷室・ラゲッジスペースが
使いやすいようにしっかりと工夫をしている印象を持ちました。

ただ、実際に荷室・ラゲッジスペースを確認してみると、奥行きの幅を
調整できるキャスト(CAST)の方が使い勝手が良いように感じました。

何よりキャスト(CAST)は後部座席をスライドできるのは、
大きなメリットだと思いました。

一方、ラパン(LAPIN)もフルモデルチェンジをして先代モデルよりも室内が
広くなり、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も良くなったと感じました。

しかし、クルマのサイズが違う事もありますが、荷室・ラゲッジスペースの
使い勝手やサイズはキャスト(CAST)に若干及ばないと感じました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細