荷室のアレンジが豊富なのはどっち?|キャストとラパンを比較2

キャストスタイル画像0070

このスズキから発売されているラパン(LAPIN)は上品と言うよりも
カワイイ感じのデザインですが、女性に好まれるクルマと言う点では
共通点が多いと思いました。

しかし、この2台のクルマはボディサイズが違うこともあり、荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジ性に関しては、全く違う印象を持ちました。

そんなキャスト(CAST)とラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースの
アレンジ性や使い勝手を徹底的にレビューしてみたいと思います。

※2020年10月8日の記事です。

Chapter
比較1:荷室開口部の広さと使い勝手
比較2:後部座席を使用時の荷室
比較3:後部座席を格納時の広さ

比較1:荷室開口部の広さと使い勝手

今回ダイハツから新発売されたキャスト(CAST)の後ろからのデザインは、
このようになっています。

そして、ラゲッジゲートをあけたときの様子はこのようになっています。

テールライトがある真ん中あたりの開口部が少し狭くなっているのは気になるものの
比較的開口部は広くなっており、使い勝手は良さそうに感じました。

一方、スズキから発売されているラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジゲートの
開口部の様子はこのようになっています。

キャスト(CAST)と異なり開口部の幅は四角いデザインに・・・。
この荷物の積みやすそうな四角い荷室開口部はとても魅力的でした。

ただ、キャスト(CAST)の方が背が高いクルマという事もあり、
実際の開口部の高さはラパン(LAPIN)よりもひと回り大きく感じました。

また、キャスト(CAST)の良いと思ったところは、
ラゲッジゲートを閉じる際に手を添える事ができるグリップが装備されている事。

一方、競合車のスズキのラパン(LAPIN)はこのグリップがラゲッジゲートに
装備されていません。

このラゲッジゲートにグリップが装備されている事もキャスト(CAST)の
メリットの一つだと思いました。

比較2:後部座席を使用時の荷室

ラパン(LAPIN)には無いキャスト(CAST)のメリットの一つが、後部座席を前後に
スライドする事ができる事です。

なので、荷物を載せる量や後部座席の乗車人数によって荷室幅を
調節する事が可能です。

キャストの後部座席を一番後ろまでスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの
広さはこのようになっています。

やはりこのような状態では荷室・ラゲッジスペースに置ける荷物の量は
限られてしまいます。

一方、こちらが後部座席を一番前にした時の荷室・ラゲッジスペースの様子。

このような状態にすると後部座席に人を座るのは厳しくなってしまいますが、
その分荷室・ラゲッジスペースはとても広くなっています。

1週間以上の大型のスーツケースでも積めそうな広さは魅力的でした。

一方、後部座席をしようした時のラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースは、
このようになっています。

ラパン(LAPIN)の後部座席は固定式で前後にスライドできないので、
この奥行きから広くする事はできません。

この時のラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースの奥行は410mmなので、
キャスト(CAST)の後部座席をちょうど真ん中にスライドした時くらいのサイズ。

実際にラパン(LAPIN)の荷室・ラゲッジスペースを見てスゴイ狭いとは
思わなかったのですが、荷室の奥行きを調節できるキャスト(CAST)の方が
使い勝手は良いように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
比較3:後部座席を格納時の広さ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ