座り心地が良いのはどっち?|キャストスポーツとアルトターボRSを比較2

キャストスポーツ画像0016

3つの異なるデザインが特徴のダイハツ キャスト(CAST)から
走破性に特化したモデルスポーツ(SPORT)がようやく発売されましたね。

最後に登場したキャスト スポーツは走りに特化しているだけあって、
ダイハツの軽スポーツカーコペン(COPEN)の足回りを参考にした模様。

その甲斐もあってアクティバ(ACTIVA)やスタイル(STYLE)よりも
キビキビとした引き締まった走りを楽しめました。

そんなキャスト スポーツ(CAST SPORT)の競合車がスズキから
発売されている軽スポーツカーの新型アルトターボRS。

後部座席も用意されており、また、広い荷室を用意している点など
共通点も多いですよね。

そんな2台のクルマのシートのデザイン、そして、座り心地を比較してみました。

※2020年10月8日の記事です。

新型アルトターボRSのシートは専用デザイン!?

また、新型アルトターボRSはベースとなっている新型アルトのシートとは
クッションやシートバックともに専用のチューニングが施されて、
硬度がアップしているようです。

座り心地はちょっと硬めでしたが、それがスポーティーなクルマらしくて
良かったです。

このようにキャスト スポーツ(CAST SPORT)と新型アルトターボRSのシートを
比べてみると、まったく違う印象を持ちました。

見た目が良かったのは、サイドの部分にレザーをしようしていた
キャスト スポーツ(CAST SPORT)。

しかし、実際にクルマを運転するとなるとサイドのサポートがしっかりと
しており、座り心地も良かった新型アルトターボRSの方が好印象でした。

この2台のクルマは機能も見た目も異なるので、
もし違いが気になる方は実際にディーラーに行って確めてみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ