スペーシア 荷室画像レビュー1|アレンジが豊富で使い勝手バツグン!

新型スペーシア0026

スズキのスーパーハイト系ワゴンのスペーシア(SPACIA)から
Sエネチャージを搭載したターボ車(Sエネターボ)が発売され、
注目を集めていますね。

最近では、スペーシア(SPACIA)にSエネチャージを登載した事ばかりが
注目を集めていますが、このクルマを見て、改めて良いと思ったのは、
荷室・ラゲッジスペースの広さ。

やはりスーパーハイト系ワゴンなので、荷室がとっても広い。
また、スペーシア(SPACIA)はシートアレンジが豊富なので、長尺物も
ラクラク積載できる点も良いと思いました。

スペーシア(SPACIA)の荷室・ラゲッジスペースの写真を
たくさん撮ってきたので、その写真を使用して紹介します。

※2015年10月17日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

後部座席を使用時のラゲッジスペース

スズキから発売されたスペーシア(SPACIA)の後部座席は、
前後に170mmもスライドする事が可能です。

なので、後部座席のスライド量に応じて、スペーシア(SPACIA)の
荷室・ラゲッジスペースの奥行きを調整する事が可能です。

このクルマの後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースの
様子は、このような感じ。

やはり後部座席の足元空間を優先にしただけに、荷室・ラゲッジスペースは、
若干狭くなりますね。

しかし、スーパーマーケットの買い物袋くらいは、余裕で置ける
スペースはありました。

また、スペーシア(SPACIA)の後部座席を一番前にスライドさせると
このような感じ。

実際に見てもかなり荷室・ラゲッジスペースは、かなり広くなったように
感じました。

また、スペーシア(SPACIA)の荷室・ラゲッジスペースを広くするために
後部座席を一番前にスライドしても、足元空間は広々。

スペーシア(SPACIA)の後部座席を一番前にスライドした時の様子は、
このようになっています。

十分な広さですよね。
この状態で後部座席に座ってもとっても快適。

さすがに足を組むには少し窮屈ですが、身長175cmの私が座っても
まったく問題なし。
このまま長距離ドライブしても、快適に過せると思いました。

スペーシア(SPACIA)の後部座席を一番前スライドした状態でも十分に
足元空間は広いので、私なら基本的にこの状態にしておくと思いました。

後部座席を格納時のラゲッジスペース

スペーシア(SPACIA)は、他の軽自動車と同様に後部座席を格納して、
広い荷室・ラゲッジスペースを作る事ができます。

実際にスペーシア(SPACIA)の後部座席を格納すると、このような感じです。

荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりましたね。

ディーラーさんの話によると、大人が乗るサイズの自転車でも余裕で
収納できるサイズになっているようです。
急な雨で子供を迎えに行く時などには、助かりそうです。

また、後部座席の格納部分で多少出っ張りがありますが、
実際に荷物を積むには、まったく気にならないレベルだと思いました。

また、スペーシア(SPACIA)で良いと思ったのは、後部座席の
格納がラクなこと。

1.後部座席の背もたれを格納する

2.後部座席のシートバックにあるストラップを引いて、
前方にダイブダウンをする

この2ステップで後部座席を格納できるのは、良いと思いました。

ちなみに、この後部座席の格納作業は、ラゲッジゲート側からでも
スライドドア側でも行えます。

ただ、前方にダイブダウンさせる時に少し反動(重さ)があるので、
個人的にはスライドドア側から行うほうがラクな気がしました。

<次のページに続く>
次ページ
ちょっと荷室の使い方をアレンジ・・・
商品詳細