サーフキャリアのおすすめ11選を徹底比較|2024年版

サーフキャリアを選ぶポイント

※この記事には広告が含まれます

サーフキャリアは、サーフボードを安全かつ効率的に運ぶためには必須のアイテムです。

しかし、市場にはさまざまな種類のサーフキャリアがあり価格もさまざまなため、どのモデルを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、サーフキャリアの種類や選び方について解説します。

おすすめのサーフキャリア11個を紹介しているので、サーフキャリア選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。
Chapter
サーフキャリアを選ぶポイントを徹底解説
おすすめサーフキャリア11選
サーフキャリアを使うメリット3つ
サーフキャリアを設置する際の注意点
注意!原付・自転車のサーフボードキャリアは違法の可能性あり
よく比較・検討して自分に合ったサーフキャリアを選ぼう

サーフキャリアを選ぶポイントを徹底解説

サーフキャリアを選ぶ際には、以下4つのポイントを意識するようにしましょう。
  • キャリアのタイプ:ソフトキャリア / ハードキャリア
  • 取り付ける車種の適合性:ベースキャリアの必要有無
  • 積載可能数:サーフボードの枚数
  • 積載方法:車外積載 / 車内積載
では、それぞれ具体的に解説していきます。

手軽なソフトキャリアか安定性のあるハードキャリアか選ぶ

サーフキャリアを選ぶ際、最初に決めるべきは「手軽さ」と「安定性」のどちらを重視するのかという点です。

取り付けの手軽さを最優先するなら「ソフトキャリア」が最適です。

追加のベースキャリアが不要で車の屋根に直接装着可能なため、設置や取り外しの手間がぐっと軽減できます。

一方、サーフボードをしっかりと固定し、高速走行中も安定感を保ちたいという方もいるでしょう。

その場合は「ハードキャリア」が適しています。

ハードキャリアは車の屋根に固定するための設置するためにはベースキャリアが必要ですが、その分サーフボードを安全に運べるメリットがあります。

自分の使用シーンを想定し手軽さと安定性のバランスを考えながら、ソフトキャリアとハードキャリアのどちらが良いか考えてみましょう。

取り付ける車・ベースキャリアに適合するか

サーフキャリアを選ぶときは、取り付ける車や既存のベースキャリアに適合するかどうかの確認も必須です。

特にハードキャリアを選ぶ場合、ベースキャリアにしっかりと適合するモデルを選ぶ必要があります。

ベースキャリアは車種によって適合するものとしないものがあるため、購入前にメーカーの適合表などで確認しましょう。

互換性のない製品を選んでしまうと、取り付けができなかったり安全に使用できなかったりするおそれがあります。

トラブルを避けるためにも、車種別の適合情報を事前にしっかりとチェックし、安心して使用できるサーフキャリアを選びましょう。

サーフボードを何枚積載できるのか確認しておく

サーフボードの積載数も重要なポイントです。

自分が通常使うボードの数はもちろん、友人とサーフィンに行く方は、友人の分を積載することも考慮して選びましょう。

車内積載用のサーフキャリアを選択するのも一つの方法

車内の天井にベルトやバーでサーフボードを固定する車内積載用のサーフキャリアを選ぶのも1つの方法です。

車内に積載できるため積み下ろしがしやすく、サーフボードを車外に出さずに済むため、急な天候の変化や盗難の心配が少ないのが大きなメリットです。

しかしボードを車内に持ち込む必要があるため、積み下ろしの際に車内を傷つけたりサーフボードにダメージを与えたりするリスクがあります。

また、車内が砂や水で汚れる可能性もあるため「車内を絶対に汚したくない」という方はやめておきましょう

おすすめサーフキャリア11選

この章では、当サイトが厳選したおすすめのサーフキャリアを11アイテムご紹介します。

各商品のスペックも掲載しているので、比較・検討してみてください。
商品名 画像 最安値 特徴 スペック
積載数 寸法 重さ 取付タイプ

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフキャリア ウイングバー用 TH8451

THULE(スーリー)「サーフキャリア ウイングバー用 TH8451」

バックル付ベルトでサーフボードを確実に固定

サーフボード2枚(計25kgまで) 付属ストラップ:275cmx2本 0.6kg ストラップ式

カーメイト(CARMATE)

CAR MATE(カーメイト)サーフボード積載用プロテクター マルチプロテクター50 カーボンルック INA772

CAR MATE(カーメイト)サーフボード積載用プロテクター マルチプロテクター50 カーボンルック INA772

誰でも手軽に取り付けられるシンプルな設計

- 23×52.5×2.5cm 450g 面ファスナー式

テルッツォ(Terzo)

PIAA(ピア)サーフボード積載用アタッチメント 4枚積 シルバー EM35

PIAA(ピア)サーフボード積載用アタッチメント 4枚積 シルバー EM35

最大4枚のサーフボードを積載可能!

サーフボード最大4枚 25×19.5×13.3cm ‎1.78kg ダイヤル巻取り式(スクエアバー専用)

テルッツォ(Terzo)

PIAA(ピア)サーフボードキャリア EZ LOCK(イージーロック) EM49

PIAA(ピア)サーフボードキャリア EZ LOCK(イージーロック) EM49

盗難を防ぐ!キー&ベルトのダブルロック構造

サーフボード最大3枚 ‎32.79×21.5×11.2cm 約3kg ベルト式

カーメイト(CARMATE)

CAR MATE(カーメイト)SUP/ボード/カヤック ロッカーF/A XA445

CAR MATE(カーメイト)SUP/ボード/カヤック ロッカーF/A XA445

国際的な安全基準であるECE基準をクリアした認定品

ロングボード・セイルボード2枚
orショートボード3枚
H:115:W:770:D:300 3.2kg パワーグリップ

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドナロー M TH843

THULE(スーリー)サーフパッドナロー M TH843

衝撃吸収に優れた高密度フォームがギアを保護

- 51×8×8cm 0.68 kg 固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッド ワイドL TH846

THULE(スーリー)サーフパッド ワイドL TH846

ワイドLサイズ!大きなボードを積載したい方におすすめ

- 76×8×8cm 590g 固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドワイドM TH845

THULE(スーリー)サーフパッドワイドM TH845

Thule WingBar Evoに対応!ミディアムサイズのサーフボードに最適

- 51×8×8cm 0.68kg 固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドナローL TH844

THULE(スーリー)サーフパッドナローL TH844

長尺のウォータースポーツギアにおすすめ!

- 6×8×8cm 0.68kg 固定用ストラップバンド

クレトム(Cretom)

CRETOM(クレトム)ボード積載セット(クレトムインテリアバー専用マリンスポーツ 専用パーツ) ブラック LS-22

CRETOM(クレトム)ボード積載セット(クレトムインテリアバー専用マリンスポーツ 専用パーツ) ブラック LS-22

クレトムインテリアバーに簡単に取り付けられる設計

- ‎50×100×480mm ‎240g 車内積載・ベルト固定

エーモン(amon)

エーモン工業 OGC ソフトキャリア 8634

エーモン工業 OGC ソフトキャリア 8634

工具不要の簡単装着が魅力!

10kgまで 幅約65×高さ約7×奥行き約7cm - ソフトキャリア・ベルト固定
全11商品を見る

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフキャリア ウイングバー用 TH8451

12,155円〜(税込)

バックル付ベルトでサーフボードを確実に固定

THULE(スーリー)の「サーフキャリア ウイングバー用 TH8451」は、ストラップ取付タイプのサーフキャリアです。

バックル付きのベルトがサーフボードを確実に固定できるので安心です。

最大2枚までのロングボードとショートボードを積載できるので、友人などと一緒にサーフィンを楽しみたい方に向いています。

積載数
サーフボード2枚(計25kgまで)
寸法
付属ストラップ:275cmx2本
重さ
0.6kg
取付タイプ
ストラップ式

カーメイト(CARMATE)

CAR MATE(カーメイト)サーフボード積載用プロテクター マルチプロテクター50 カーボンルック INA772

3,867円〜(税込)

誰でも手軽に取り付けられるシンプルな設計

CAR MATE(カーメイト)の「マルチプロテクター50 カーボンルック INA772」は、別売りのバーに取り付けて使用するサーフボード積載用のプロテクターです。

INNOエアロバーや純正キャリア、INNOスクエアバーに対応しています。

面ファスナー式で、取付簡単なのが魅力です。

幅50cmのカーボン調クッションで、大切なサーフボードをしっかり保護します。

積載数
-
寸法
23×52.5×2.5cm
重さ
450g
取付タイプ
面ファスナー式

テルッツォ(Terzo)

PIAA(ピア)サーフボード積載用アタッチメント 4枚積 シルバー EM35

11,110円〜(税込)

最大4枚のサーフボードを積載可能!

PIAA(ピア)の「サーフボード積載用アタッチメント 4枚積 シルバー EM35」は、ダイヤル巻取り式のサーフキャリアです。走行中のベルトのバタツキ音を抑えられます。

リリースフックによりサーフボードの装着が簡単にできるのも特徴です。

サーフボードを守る保護パッド付きなのも嬉しいポイントです。

4枚のボード積載が可能なので、大人数でサーフィンに行く方にぴったりのモデルとなっています。

積載数
サーフボード最大4枚
寸法
25×19.5×13.3cm
重さ
‎1.78kg
取付タイプ
ダイヤル巻取り式(スクエアバー専用)

テルッツォ(Terzo)

PIAA(ピア)サーフボードキャリア EZ LOCK(イージーロック) EM49

9,845円〜(税込)

盗難を防ぐ!キー&ベルトのダブルロック構造

PIAA(ピア)の「サーフボードキャリア EZ LOCK(イージーロック)EM49」は、キーロックを搭載したサーフキャリアです。

走行中にベルトのバタ付きを抑えるパッドを搭載し、サーフボードを最大3枚までしっかりと固定します。

安全性と使い勝手を両立させたサーフボードキャリアです。

積載数
サーフボード最大3枚
寸法
‎32.79×21.5×11.2cm
重さ
約3kg
取付タイプ
ベルト式

カーメイト(CARMATE)

CAR MATE(カーメイト)SUP/ボード/カヤック ロッカーF/A XA445

23,510円〜(税込)

国際的な安全基準であるECE基準をクリアした認定品

カーメイトの「SUP/ボード/カヤック ロッカーF/A XA445」は、国際的な安全基準であるECE基準をクリアしたサーフキャリアです。

ラチェット式で積載物をしっかり固定できるのが特徴。

積載物とアタッチメントを同時にロックするキーロック機能を搭載しています。

ユニクランプ式取付なので、車への装着が簡単です。

ワイヤーをかけやすい位置に保持する「クレーン式」を採用しているので、片側からも車載できます

積載数
ロングボード・セイルボード2枚<br>orショートボード3枚
寸法
H:115:W:770:D:300
重さ
3.2kg
取付タイプ
パワーグリップ

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドナロー M TH843

7,480円〜(税込)

衝撃吸収に優れた高密度フォームがギアを保護

THULE(スーリー)の「サーフパッドワイドM TH845」は、リーズナブルな料金が魅力のサーフパッドです。

サーフボードだけでなく、SUPやウィンドサーフィン用ボードなど、幅広いウォータースポーツのギアを運ぶ際に役立ちます。

高密度フォームが、衝撃からサーフボードをを保護してくれるのが特徴。

滑り止め機能付きなので、安定性も抜群です。

また、パッドには紫外線への体制を備えた高品質な600Dナイロン構造を採用。

強い耐久性を誇るのも魅力です。

積載数
-
寸法
51×8×8cm
重さ
0.68 kg
取付タイプ
固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッド ワイドL TH846

9,350円〜(税込)

ワイドLサイズ!大きなボードを積載したい方におすすめ

THULE(スーリー)「サーフパッド ワイドL TH846」は、サーフボード・SUP・ウィンドサーフィンボードなど、さまざまなウォータースポーツギアを安全に運べるサーフパッドです。

上で紹介したパッドよりも大きいワイドサイズなので、大きなボードを積載したい場合に最適です。

高密度フォーム素材のパッドが搬送中のギアを保護してくれる上に、滑り止めグリップで荷物をしっかり固定するので安心して輸送できます。

耐紫外線性に優れた600Dナイロン構造を採用しているので、耐久性も抜群です。

フックとループによる開閉設計で取り付けや取り外しが簡単なのもポイントです。

積載数
-
寸法
76×8×8cm
重さ
590g
取付タイプ
固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドワイドM TH845

1,650円〜(税込)

Thule WingBar Evoに対応!ミディアムサイズのサーフボードに最適

THULE(スーリー)の「サーフパッドワイドM TH845」は、ミディアムサイズのサーフボードやSUPの輸送に最適なモデルです。

高品質な600Dナイロン素材で作られ、高い耐久性を誇ります。

特徴的な高密度フォームが衝撃からギアを保護し、滑り止め機能付きで安定性を確保します。

独自のフックとループ式の取り付けメカニズムは、設置・取り外しも簡単です。

「サーフパッドナロー M TH843」とスペックは同じですが、こちらは「Thule WingBar Evo」に対応しているのがポイントです。

また、車種別適合商品となるため、購入前には必ず確認してください。

積載数
-
寸法
51×8×8cm
重さ
0.68kg
取付タイプ
固定用ストラップバンド

スーリー(Thule)

THULE(スーリー)サーフパッドナローL TH844

1,650円〜(税込)

長尺のウォータースポーツギアにおすすめ!

THULE(スーリー)の「サーフパッドナローL TH844」は、上で紹介したサーフパッドより大きいモデルです。

サーフボードやSUP、ウィンドサーフィンボードなど、長尺のウォータースポーツギアに適した設計を採用しています。

耐久性と耐紫外線性に優れた600Dナイロン素材で作られており、高密度フォームパッドが貴重なギアを搬送時の衝撃から守ります。

フックとループの簡単開閉設計で取り付け・取り外しが手軽にできるのが特徴です。

別売の、THULEストラップやTHULEクイックドローとあわせて使用してください。

積載数
-
寸法
6×8×8cm
重さ
0.68kg
取付タイプ
固定用ストラップバンド

クレトム(Cretom)

CRETOM(クレトム)ボード積載セット(クレトムインテリアバー専用マリンスポーツ 専用パーツ) ブラック LS-22

2,405円〜(税込)

クレトムインテリアバーに簡単に取り付けられる設計

CRETOM(クレトム)の「ボード積載セット ブラック LS-22」は、サーフボードを車内積載するためのパーツです。

振動や衝撃から大切なボードを守るクッションカバーと、確実に固定するためのベルトがセットとなっており、別売りのクレトムインテリアバーに取り付けて使用します。

リーズナブルな料金のアイテムをお探しの方や、サーフボードを車内積載したいと考えている方におすすめです。

積載数
-
寸法
‎50×100×480mm
重さ
‎240g
取付タイプ
車内積載・ベルト固定

エーモン(amon)

エーモン工業 OGC ソフトキャリア 8634

7,620円〜(税込)

工具不要の簡単装着が魅力!

エーモン工業の「OGC ソフトキャリア 8634」は、簡単装着が魅力のソフトキャリアです。

ヒッチキャリアやロッドホルダーなどの装着に工具が不要で、使用しないときは専用収納バッグにスマートに収納可能なのもポイントです。

車載しておけば、いざというときに牽引ロープとしても活躍します。

底面には車体を傷つけにくいすべり止め素材を採用しているので安心です。

余ったベルトはベルトホルダーでスッキリと束ねられます。

また、ベルトホールやすべり止めカバーの使用で、カーゴネットなしでも荷物をしっかり固定できる設計です。

積載数
10kgまで
寸法
幅約65×高さ約7×奥行き約7cm
重さ
-
取付タイプ
ソフトキャリア・ベルト固定

サーフキャリアを使うメリット3つ

サーフキャリアは、サーフィン愛好者にとって必須のアイテムです。

以下はサーフキャリアを使うことによる主なメリット3つです。
  1. サーフボードを簡単に持ち運べる
  2. ボードで車内を汚すことがない
  3. 車内を広く使える
これから具体的に見ていきましょう。

1.サーフボードを簡単に持ち運べる

サーフキャリアを使用する最大のメリットは、サーフボードの持ち運びが格段に楽になることです。

特に長距離を移動する場合や、複数のボードを運ぶ必要がある場合に便利さを実感できるでしょう。

2.ボードで車内を汚すことがない

使用後のサーフボードには、ワックスが塗られていたり、砂が付着していたりします。

そのまま車内に積載すると、車内が汚れてしまう恐れも。

特に、ワックスはシートや内装に付着すると取り除くのが困難で、車の内装を損なう原因にもなりえるでしょう。

車内を常に清潔に保ちたい方にとって、サーフキャリアは非常に有効です。

ボードを車外に安全に固定できるため、車内を汚す心配がなく、清潔・快適な車内空間を維持できます。

3.車内を広く使える

サーフボードを車内に積載すると、かなりのスペースを占有し、車内が圧迫されます。

特に複数人でサーフィンに出かける際や、軽自動車などの小さな車を使用している方にとって、大きな問題となるでしょう。

車内での快適性を保ちつつ、必要な装備や荷物を携帯するためには、サーフキャリアが非常に効果的です。

サーフキャリアにボードを積載することで、車内スペースを広く利用できるようになり、乗員全員が快適なドライブを楽しめるようになります。

サーフキャリアを設置する際の注意点

サーフキャリアを車に設置する際に、正しく取り付けないと、安全性に影響を及ぼす可能性があります。

特に、以下の3点はしっかり確認しておきましょう。
  1. 走行中に外れることがないよう正しく取り付ける
  2. 積載していないときよりも風の影響を受けやすくなる
  3. ソフトキャリアは雨の日に車内へ雨水が入ってしまう
では、それぞれ詳しく解説します。

1.走行中に外れることがないよう正しく取り付ける

サーフキャリアを車に設置する際に最も重要なのは、走行中に外れることがないように正しく取り付けることです。

もしサーフキャリアが外れてしまった場合、後続車に対して重大な危険をもたらし、最悪のケースでは事故につながる可能性もあります。

事故を防ぐためにも、設置直後だけでなく使用のたびにサーフキャリアが緩んでいないかを確認し、必要に応じて締め直すことが大切です。

また、高速走行時には空気抵抗が増すため、スピードの出し過ぎにも注意しましょう。

2.積載していないときよりも風の影響を受けやすくなる

サーフキャリアを車に設置している場合、設置していない時に比べて風の影響を受けやすくなります。

特に高速道路での走行や、軽自動車での使用時には注意が必要です。

風によって車の安定性が損なわれると、最悪の場合、命に関わる事故を引き起こす可能性もあります。

高速道路を走行する予定がある場合や、風の影響を受けやすい軽自動車を使用している場合には、ソフトキャリアよりもしっかりと固定できるハードキャリアの使用がおすすめです。

3.ソフトキャリアは雨の日に車内へ雨水が入ってしまう

ソフトキャリアを使用する際には、雨の日の取り扱いに特に注意が必要です。

ソフトキャリアは、固定するためのベルトが車の外側から内側へ入り込む設計になっています。

このため、雨に濡れた際にはベルトに沿って雨水が車内に流れ込むリスクがあります。

雨水が車内に侵入するのを防ぐためには、雨天時の使用を避けるのが無難です。

また、雨水がベルトに沿って流れ込むのを防ぐために、ベルトの入り口を防水素材で覆うなどの対策を講じる必要があります。

注意!原付・自転車のサーフボードキャリアは違法の可能性あり

原付や自転車でサーフボードを運ぶ際にキャリアを使用することは、道路交通法違反となるリスクがあります。

神奈川県警への取材記事によると、原付や自転車にサーフキャリアを取り付けサーフボードを運搬すると、取締の対象になりうることが指摘されています。

法律を遵守することはもちろんのこと、安全を確保するためにも、原付や自転車ではなく車にサーフキャリアを取り付けて運搬しましょう。

よく比較・検討して自分に合ったサーフキャリアを選ぼう

サーフキャリアを購入する際には、車種や積載するサーフボードの数、使用シーンをしっかりと考慮した上で、最適なものを選ぶことが大切です。

ソフトキャリアの便利さからハードキャリアの安定性、車内積載の手軽さまで、各種キャリアのメリットとデメリットを比較・検討し、自分に合うサーフキャリアを選びましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細