【東京オートサロン2023】新型GT-Rなど気になるクルマがたくさん!自動車メーカーの出展車両を一挙紹介【TAS2023】

日産TAS2023

年に1度の車の祭典、東京オートサロン。

今年は2023年1月13日〜15日にかけて幕張メッセで開催されます。41回目の開催となる今回は、どのような車が出展されるのでしょうか。

東京オートサロンの楽しみ方を、出展される車を通じて解説します。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
北ホール
中ホール
西ホール
東ホール

北ホール

マツダ

マツダ株式会社は、「マツダのモータースポーツ」をテーマに。東京オートサロン2023に出展しています。

ブースには、MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 BIO CONCEPT、倶楽部 MAZDA SPIRIT RACING ROADSTER、MAZDA SPIRIT RACING MAZDA2 BIO CONCEPT、MAZDA ROADSTER NR-A PARTY RACE Ⅲ VERSIONの4車両が展示されています。

プレスカンファレンスにて、esportにも普及しつつあるモータースポーツのバーチャルとリアルを超えた取り組みをしていきたいとありました。

マツダのスローガンは「共に挑む」と掲げられており、より多くの方がモータースポーツに触れられるような事業展開をしていくとのことです。

また、ブース内では、MAZDA SPIRIT RACING COLLECTIONやMAZDA COLLECTIONが販売されています。ぜひこの機会に見てみてください。

中ホール

ダイハツ

ダイハツは、「DAIHATSU VILLAGE2023 夢ふくらむ、はじけるダイハツ」のブースを出展しています。ダイハツのブースは装飾に力を入れており、それぞれの車の特徴がより引き立つ工夫がされています。

ダイハツのブースでは、”ダイハツのクルマで行ってみたい。行った先でチャレンジしてみたい。”ダイハツならではの楽しさを提案しています。

展示されているATRAIは、さらにもう一歩奥地まで入っていける”うごく探検基地”として紹介されています。ATRAIはルーフがボートになるという驚きの機能を備えています。車を探検基地のように使い、ボートで更に探検の幅を広げることができます。

Honda

Hondaは、「走りの楽しさ」をコンセプトに東京オートサロンに多数のスポーツカーを出展しています。

Hondaは2050年までにカーボンニュートラルの実現を目標に掲げており、その目標の実現へ向け、スポーツe:HEVに力を入れています。

「走りの楽しさ」に関連して、N-ONE OWNER'S CUPを開催しており、市販のN-ONEに少しの装備を装着するだけで参加ができる大会です。その際に、ホンダ学園 関東校がが使用した車両が展示されていました。

Hondaは、サーキットを人と技術を磨く、人材育成の場として捉えており、今後もレースに力を入れていくとしています。

今回、NSX GTの後継として、2024年に発売される、「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT」が東京オートサロン2023にて、初披露されました。

西ホール

日産自動車

フェアレディZカスタマイズド・エディション

東京国際カスタムカーコンテスト2022でグランプリを受賞した「フェアレディZカスタマイズド・プロト」を忠実に再現した市販モデル「フェアレディZカスタマイズド・エディション」初公開されました。

「Z432」を彷彿とさせるオレンジとブラックのカラーリングに、フロントバンパーで分割されたグリルに目が引かれます。数々の専用パーツを装備した、Zファン必見のモデルです。

NISSAN GT-R 2024年モデル

2023年でデビュー16周年を迎える日産GT-Rの2023年モデルが先行公開されました。会場には、ステルグレーのNISMOと、ミレニアムジェイドのスタンダードの2車が登場していました。

"人の感性に気持ち良く。それでいて速い。"と"トータルバランスをもっと高い次元へ"という2つのコンセプトの元、さらなる速さと乗り心地が追求されたモデルです。特殊なエッジの加工で空気抵抗の削減を図り、従来モデルよりもハンドリング性能も向上しています。

SERENA Highway STAR ACCESSORY CONCEPT

昨年11月にフルモデルチェンジをした新型「セレナ」に日産純正アクセサリーに加え、東京オートサロン専用カスタマイズを施したコンセプトモデルが展示されました。エクステリアには、よりダイナミックな印象を与えるフロントスポイラーやフロントグリルイルミネーションなど日産純正アクセサリーを装着されました。また、東京オートサロン専用架装として、ボディラッピングとアルミホイールラッピングが施され、インテリアには、室内空間の居住性が高まるアイテムを装備しています。

ルノー・ジャポン

ルノー メガーヌR.S.

ルノー・ジャポンでは、日本で今春発売予定の『ルノー メガーヌR.S. TROPHY限定車』が世界に先駆けて公開されました。

ルノー ルーテシアRALLY5

去年11月のラリージャパンに参戦した競技車両である『ルノー ルーテシアRALLY5』が展示されました。14日と15日のトークショーでは、このルノー ルーテシアRALLY5でラリージャパンに挑戦したモータージャーナリストの国沢光宏氏のほか、2022年全日本ジムカーナ選手権チャンピオンに輝いたレーシングドライバーの山野哲也氏、ルノー・スポールの開発ドライバーであり、ニュルブルクリンク北コースでFF車の世界最速タイムを記録した、ロラン・ウルゴン氏の3名が登壇します。

三菱自動車工業

新型自動車「デリカミニ」

5月発売予定の新型デリカミニが発表されました。普段使いからレジャーシーンまで幅広い利用シーンを想定した軽規格のスーパーハイトワゴンです。ツートーンカラーとモノトーンカラーのそれぞれ6色ずつ、計12色の展開となっています。

新型デリカミニ×Coleman(デリカミニ ミーツ コールマン)

デリカミニに加えて、アウトドアブランドのコールマンとコラボしたカスタムカー「新型デリカミニ×Coleman(デリカミニ ミーツ コールマン)」も出展されています。グレージュのボディに、コールマンのトレードマークであるランタンロゴを側面に付けたデザインが特徴的です。車中泊に適した作りにいるため、アウトドア好きの方必見の車両となっています。

東ホール

TOYOTA GAZOO Racing

TOYOTA GAZOO Racingが展示するのはAE86 H2 Concept、AE86 BEV Conceptなど。

トヨタは「新車のみではカーボンニュートラルを実現できない」との危機感から、規範車を電動化する技術に力を入れています。

今回展示されたAE86 H2 ConceptはAE86を水素自動車に、AE86 BEV Conceptは電動自動車にコンバージョンした車両になっています。

SUBARU

スバルは新型インプレッサ、STIは特別仕様車レヴォーグSTIスポーツシャープを展示。

新型インプレッサは今春発売予定の6代目モデルです。インプレッサはこれまでスポーツモデルとして発売してきましたが、今回のインプレッサは先代の特徴を継承しつつも、安全性能を重視。

実用性を進化させ、多くの方に選ばれる車を目指しています。

特別仕様車レヴォーグSTIスポーツシャープは、一人での運転も、大切な方との運転も重視したい方に適したパフォーマンスワゴンです。500台の限定発売になります。

新型のフレキシブルドロータワーバーなどを搭載しています。

スタイリングを黒で統一することで、下車した後も思わず振り返ってしまうような美しい車に仕上がっています。

BMW

BMWはBe Cool & Iconicをテーマにブースを出展しました。

BMWが今回の出展で特に重視したのはMパフォーマンスパーツの認知度向上です。

その証拠に、今回BMWが展示した車両はすべてMパフォーマンスパーツが取り付けられています。

スズキ

スズキの目玉車両はももいろクローバーZとコラボしたスペーシアベース。

スペーシアベースをももいろクローバーZがおしゃれカフェにアレンジした車両を展示し、スペーシアベースがアウトドア場面に最適な車両であることをアピールしています。

また、スズキはスペシャルコンテンツとして、スペーシアベースを使った、ももいろクローバーZのキャンプ&車中泊生配信を行います。

LCI

LCIが展示するのはEMIRA FIRST EDITION。「EMIRAの魅力は人目を引く見た目だけではない」とLCIは主張します。

EMIRAには優れた快適性と実用性が詰まっているからです。

EMIRAは日常で使えるスポーツカーとして効率的なエアロダイナミクスを持つだけでなく、優れた収納性能、装備を兼ね備えます。

商品詳細