「レクサスと化学反応を起こす」…老舗エアロメーカーARTISAN SPIRITSとは?

ARTISAN SPIRITS RCF

日本展開10年を経て、高級ブランドとして定着したレクサス。洗練されたデザインはそのアイコンの「スピンドルグリル」をはじめ、非常に優れた完成度を誇ります。それだけにアフターマーケットのドレスアップパーツを製作するのは非常にハードルが高いといえますが、見事にそれを成し遂げたメーカーが「ARTISAN SPIRITS」です。
【Sponsored by ARTISAN SPIRITS】

Chapter
見事レクサスとの化学反応を起こした「ARTISAN SPIRITS」
人気SUVグレード「レクサス NX」がさらに洗練かつ華やかに…
「妖艶さ」までも醸し出す「レクサス RC F」
クラフトマンシップを感じさせる「ARTISAN SPIRITS」の魅力

見事レクサスとの化学反応を起こした「ARTISAN SPIRITS」

1997年に創業の有限会社アイムがAIRTISAN SPIRITSをブランドとして2000年に立ち上げたことからはじまります。一貫して「洗練」「スタイリッシュ」と形容すべきドレスアップがブランドコンセプトです。
アーティシャンスピリッツと言えば、デザイン・フィッティングと多くの指示を集めています。
なぜなら、同社はデザインから製品の制作までをすべて自社で行い、一つ一つ職人による手作業で創り上げるこだわりを持ち、純正の機能を損なわないことを大切にしているからです。つまり、デザイン・フィッティングにとことんこだわった製品づくりこそがアーティシャンスピリッツの強みと言えます。
そして冒頭記したように、レクサスのドレスアップパーツの開発に定評があり、レクサスの象徴でもある「LFA」から、エントリーモデル「CT」まで幅広いラインナップを完成させています。

人気SUVグレード「レクサス NX」がさらに洗練かつ華やかに…

SUVモデルである「レクサスNX」にもドレスアップパーツの数々を用意。よりスポーティさを際立たせるフロントアンダースポイラー、片側1cmワイドとなる「オーバーフェンダーキット」、そして200t用のリア アンダーディフューザーは左右分割式の躍動感溢れる造形…。もとより華やかさも備えるレクサスのモデルをこここまでブラッシュアップさせる手法は見事、といったところ。

<次のページに続く>
次ページ
「妖艶さ」までも醸し出す「レクサス RC F」