【TAS2020】30台が百花繚乱!東京オートサロン2020はジムニー祭り!?

TAS2020 ジムニー

1月10日から開催されている東京オートサロン2020は、初日から多数の来場者が訪れ、会場の幕張メッセは大変な熱気で満ちています。個性あふれる数々のカスタムカーの中でも、来場者の熱い視線を集めているのがジムニーとジムニーシエラ。昨年よりさらに進化したカスタムジムニーを、一挙にご紹介します。

文/写真・山崎 友貴

ハイブリッジファースト

ワークスなみの高クオリティなパーツを満載

ジムニー業界では大注目のチューナーであるハイブリッジファースト。そのパーツはどれも徹底的にこだわりぬいて造られた機能部品ばかりで、実戦向けです。カスタムと言うよりは、チューニング。そのまま競技に出ても遜色のない実力を持った1台です。

N’sステージ

高いプロデュース能力で創り上げた2台のジムニー

東北地方でメジャーなジムニーショップと言えば、N’sステージ。同社のブースには数台のジムニーが並んでいるが、中でも目を惹いたのがこの2台でした。1台はアメリカで行われたSEMAショー2019にも出品された、ピックアップトラックシエラのリトルモンスター“サムライ”。

ヴァルドのパーツを上手くアレンジした逸品です。もう一台は、フィッシングツールブランドのソウルとコラボしたジムニーシエラ。こちらはオーストラリア製のHAMERのフロントバンパーやヴァルドのエクステリアパーツをコーディネートして、いかつい雰囲気に仕上げています。

<次のページに続く>
次ページ
くるまドットコム

山崎 友貴|やまざき ともたか

四輪駆動車専門誌、RV誌編集部を経て、フリーエディターに。RVやキャンピングカー、アウトドア誌などで執筆中。趣味は登山、クライミング、山城探訪。小さいクルマが大好物。

山崎 友貴