セルシオ、4500GT、ユーノスコスモ…バブル期のモーターショーの出展車!現代とどう違う?

バブル真っ只中の1989年。年号も平成にかわり、場所も東京・晴海から千葉・幕張に移って、始めての開催となった第28回東京モーターショーは、伝説と言われるほどの盛り上がりを見せました。はたしてどんな車が出展されていたのでしょうか?

Chapter
バブル時代1989年第28回東京モーターショー
東京モーターショー1989 出展車 市販モデル
東京モーターショー1989 出展車 コンセプトカー
現代の出展車とどう違う?

バブル時代1989年第28回東京モーターショー

1989年、日本がバブル景気の中にあり、3ナンバー車購入時の税金が物品税から消費税(暫定税率6%)に切り替わった時期に開催された第28回東京モーターショーのテーマは「自由走。ハートが地球を刺激する」。

それまでの欧米メーカーに加え、韓国の自動車メーカーや、スペインやフィンランドなどの部品メーカーからも出展があるなど、なんと15か国333社2政府3団体から出展。来場者数、報道関係者数も過去最高の数字となりました。

展示車両は818台。トヨタ 4500GTやホンダ NSXなど、高速・高性能なモデルたちが話題を呼びました。

それでは、1989年の東京モーターショーに出展された車を紹介しましょう!まずは、市販モデルからです。

次ページ
東京モーターショー1989 出展車 市販モデル