高速道路の出口通り過ぎちゃった!どうすればいい?Uターンできる?特別転回とは?

近年、高速道路を逆走する…といった事故が散見されます。これには、さまざま理由があると思いますが、なかには高速道路の出口をうっかり通り過ぎてしまったために引き返した…なんていう事例も確認されています。そんなときに「特別転回」を知っておけば、焦らず対処できるはず。この特別転回とは何なのか、あらためて確認してみましょう。

Chapter
意外とある!? 高速の出口を過ぎてしまったケース…
特別転回とは?
知っておくと安心な特別転回だが…

意外とある!? 高速の出口を過ぎてしまったケース…

高速道路

高速道路や有料道路を通行中、ついうっかり降りる予定だった出口を過ぎてしまった…、そんなケース、みなさんも経験がありませんか?

そのような場合、ひとつ先のインターで降りてUターン、反対車線のインターの入り口に乗り直す、ということになりますよね。

通常、このやり方だと、当初の出口より先で降りるわけですから通行料金が上がってしまいますし、さらにもう一度反対方向へひと区間戻るわけですから、それにも通行料金が発生することになってしまいます。

しかし「特別転回」という方法を覚えておけば、余計な出費をせずに本来の出口までの料金で戻ることができるのです。

特別転回とは?

高速道路 料金所

特別転回とは、降りる予定だった出口を過ぎて次のインターで降りる際に、有人の料金所で係員に事情を説明すれば、通行券に特別転回承認のスタンプを押してもらい、本来の目的地までの料金で戻ることができるというもの。(例外もあり)

NEXCO東日本のHPで確認すると、「高速道路営業規則 第7章 特別な通行をした場合の料金」として以下のように定められています。

【第4節 インターチェンジ等の間で転回した車両(入口発券方式の高速道路)】
・利用者の事情による転回
第48条 入口発券方式の高速道路において、タイヤチェーンの不保持その他利用者の事情により本線上で転回する場合は、当社は利用者が退出するインターチェンジ等(本条において「指定インターチェンジ等」といいます。)を指定します。

2 前項の場合において、指定インターチェンジ等で退出した場合の料金は、転回前の進入インターチェンジ等から、指定インターチェンジ等までの料金とし、指定インターチェンジ等で退出せずに他のインターチェンジ等で退出した場合の料金は、転回前の進入インターチェンジ等から、指定インターチェンジ等までの料金と、指定インターチェンジ等から、退出したインターチェンジ等までの料金の合算額とします。

このように、利用者の事情で「戻る」場合においても、本来の出口までの料金で済む制度になっています。

通行券の場合は、前述のように通行券に特別転回承認のスタンプを押してもらうわけですが、ETCの場合は、有人の料金所に入り、ETCカードを抜いて係員に、本来の出口を通り過ぎたむね告げてください。そして高速道路に再入場する際も同様にETCカードを提示すれば、手動でゲートを開けてもらえますので、料金所通過後にETCカードを再セットする、という流れになります。

こうした救済制度があるのは非常にありがたいことですが、場所やケースによっては行えない場合もあるので注意が必要です。

知っておくと安心な特別転回だが…

車間距離 高速道路

ミスをするとどうしても焦ってしまうもの。その焦りは注意力を失わせ、事故に繋がってしまう事態も考えられます。ですから、特別転回は知っておくと心強い制度なのは間違いありません。

とはいえ、やはりこれもイレギュラーな対応のものですから、できれば使わずに済ませたいものですよね。

筆者も先日、首都高のインターで降りようとしたら、なんとその出口で、バックしている!クルマと遭遇しました。高速や自動車専用道路は、すべての車両が同じ方向に向かっていることを前提に運転しているドライバーにとって、これは考えられない恐ろしい行為です。おそらく出口を間違えてしまい、バックで慌てて走行車線に復帰しようと試みていたのでしょう。

このような非常識な行動は通常考えられないのですが、人は焦ると時に無茶な行動をしてしまうのも事実です。いずれにせよ、ミスをしても極力冷静に対処したいものです。その際の、ひとつ選択肢として、特別転回を覚えておきましょうね。