ファブリック、レザー、アルカンターラ…車のシート各種のメリット・デメリット

ファブリックシート

自動車のシート表皮には、大きく分けてファブリックと本革、人工皮革の3つがあります。各種のメリット・デメリットを把握したうえで、シート選びをしていますか?今回は、いまさら聞けないシート表皮のメリット・デメリットをまとめてみました。

Chapter
ファブリックシートとは?
本革シートとは?
人工皮革の代表、アルカンターラとは?

ファブリックシートとは?

ファブリックとは英語で、生地や布地、織物の意味です。ファブリックシートは、文字通り難燃性化学繊維でできた布地が採用されています。

ファブリックシートのメリット

●価格が安い
自動車室内用素材としてはもっとも多く使われており、よほど特殊なものでない限り、低コストで調達することが可能です。乗用車のベースグレードに多く採用されています。

●機能性が高い
生地・布地はレザーに比べて耐久性が高く、通気性も良いので、多湿な日本では蒸れにくいというメリットがあります。それでいて保温性が高く、冬場にシートから冷えを感じることもありません。

●手入れが不要
ファブリックは、耐候性にも優れているので、メンテナンスは不要です。

ファブリックシートのデメリット

●汚れがつきやすい
コーヒーなどをこぼしてしまうとシミになったり、ホコリを吸収しやすい、ペットの毛などがつきやすいという特徴があります。

●高級感が低い
メーカーの戦略もあるのかもしれませんが、ファブリックが上級グレードに採用されることは少ないですね。

本革シートとは?

本革シートとは、動物の革をなめし、色付けをした革をシート表皮に使用しています。

本革シートのメリット

●高級感が高い
本革は、古くから高級ソファーにも使用されている素材なので、高級感を感じる方は多いと思います。

●水濡れに強い
もともと動物の革なので、長時間放置しない限り、液体汚れやシミにはなりづらい。また、ホコリや動物の毛なども取り除きやすくなります。

●経年変化を楽しめる
本革製品を長年愛用していると発生する、色褪せや本革の軟化も本革ファンにはたまりませんね。

本革シートのデメリット

●価格が高価
本革そのものが高価であるうえに、後述するシートヒーターなども搭載する場合が多く、ファブリックシートよりも10万円単位で高額になります。

●通気性が悪い
まったく無いわけではないのですが、ファブリックに比べると通気性は劣ります。多湿な日本ではすぐに蒸れること、確実ですが、現在はその解決策としてファンを内蔵したシートが用意されています。

●耐久性が低い
使うことでシワができたり、こすれたり。それらを味と感じることができなければ、経年変化はデメリットかもしれません。

●冬は冷たい
冬場、本革シートに座ると、ヒヤリとします。これを防ぐため、シートヒーターが内蔵された革シートが増えています。

<次のページに続く>
次ページ
人工皮革の代表、アルカンターラとは?