アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「魂動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上したというわけではありません。しかしそれだけ好印象のメーカーに躍進した理由の一端はやはり、”デザイン”なのではないでしょうか。

これまでの国産車にはなかったデザインアイコン…

マツダ アクセラ

かつての日本メーカーのクルマにはこうしたデザインアイコンは殆ど存在しませんでした。

むしろ、「ジウジアーロデザイン」や「ピニンファリーナ監修」といったデザインモデルが同じメーカーにあったり、著名デザイナーのブランド力に依存したりと、あまりメーカーとしてのデザインアイデンティティを打ち出してくることはなかったように感じます。

つまり、マツダやレクサスがデザインアイコンを導入し始めたというのは、日本のクルマのバリューが次のステージに進みつつあることを示しているのではないでしょうか。

かつて、「安く、壊れにくい」というのが日本車のイメージであり競争力でありました。そしてそれは現在の日本車のブランドイメージの礎に(良くも悪くも)なっています。

しかしレクサスが示すように、日本車でも高級感あるモデルを世界戦略車として展開を始めています。こうした際、前述の日本車のイメージは足かせにもなってしまうでしょう。

世界戦略へと導く「デザインアイコン」

マツダ アテンザ

マツダも同様にCXシリーズ、MXシリーズとして世界戦略を展開しているわけですが、これまでの「安くて性能が良い」だけではなく、プラスαの付加価値、さらに言ってしまえば、「日本車に乗っていることがステータス」という価値観…。これをなんとか創出・定着させようと努力している、と言い換える事ができるのではないでしょうか。

クルマづくりは日本の基幹産業であり、世界で高い評価を受けているのは紛れもない事実。しかし他のアジアメーカーも日本に追いつき追い越せで、必死に進歩を遂げてきているのもまた事実。

かつての日本メーカーがそうであったように、韓国のヒュンダイもWRCに挑戦し、結果を出すことでブランドイメージを向上させようと努力していますよね。 「安く、信頼性ある」というだけでは日本車の競争力は保てない、という段階になっており、その次のステップが「ブランド力」であるといえるわけです。

そうした戦略の一環が、マツダの提示している「魂動デザイン=デザインアイコン」といえるでしょう。