元サーキット走行車やドリフト走行車を見分けるポイントとは?

スバル WRX STI

中古車のスポーツカー市場は極端な高騰とまではいかないものの、一定の安定感をもって推移しています。

中古車を買う時に不安なのは、事故車ではないか、メーターの巻き戻しがないかなど…。これらを偽ることは違法行為なので、普通の事業者であれば心配はないかと思われますが、それまでどのように使われていたのか、乗られていたのかも中古車を購入するに当たって重要なポイントです。

サーキット走行に加えてドリフト走行車に多い特徴は?

ドリフト走行車は、サーキット走行に加えてサスペンションアームなども交換しているケースが多く、これらの交換痕も気にすべき点です。

ドリフト走行はどうしても接触することが多いもの。バンパーを交換しやすくするための加工を取り付け部に施していたり、フェンダーの交換痕がある…というのもドリフト走行車に多いケースです。

また、クラッチを消耗しやすい運転スタイルであることもあり、クラッチを踏み込んだ時に違和感がある場合は疑った方が良いかもしれません。

チリの合ってない個体は要注意。

激しいサーキット走行でダメージを受けると、直しにくいのはボディそのもの。

最近のフレーム修正機はよくできているようですが、一度ぶつけてゆがんだボディはきちんと直りにくいと言われています。ハードな走行により微妙な歪みの生まれたボディも元通りにはなりません。

走ると片減りしたりハンドルが持って行かれたりするのですが、そもそものオーナーはいじってある車なので、気付きにくいのですが、それを買った側には致命的な問題であったりもします。

このような車の特徴は、ボディのチリ=ドアやトランクの隙間の広さが左右で大幅に違うなど、様々な違いがあります。これはボディの歪みや修復を示す決定的な証拠。気をつけましょう。

<次のページに続く>
次ページ
エンジンで見る注意点
商品詳細