BMWの直6エンジン、シルキーシックスは何が良いのか?

BMW 635 CSi

現代の自動車技術の中で淘汰されつつあるものの一つとして、直列6気筒エンジンがあります。
BMW製直6の「シルキーシックス」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

長年BMWは、なぜ直列6気筒にこだわり続けたのか。
また、BMWの直列6気筒の持つ魅力とはどんなところにあったのでしょうか。
今回はそのあたりを探ってみようと思います。

Chapter
虚飾の日本製高級車群のなかに現れたクラフトマンシップ
直6のメリット、デメリット
ぜひマニュアルでダイレクトに味わってほしい、シルキーシックス
というわけで、今のうちにどうぞ!

虚飾の日本製高級車群のなかに現れたクラフトマンシップ

日本の高級車とは、機能やアクセサリーを充実させることで支持を得ていました。
しかしそれはマッサージ機能だったり、高級オーディオだったりと、クルマを「操る」こととはあまり関係がなく、どちらかというと人間が「住居」に求める機能性に近かったと言えます。

その点、ドイツ車は走らせることの機能を徹底して追求し、ハンドルを握って自らの意思で高速移動することの楽しさや喜びを提供するという価値観を持っていました。日本の高級車とはまったく異なる方向を見てつくられていたわけですね。
しかしそれもそのはず、なにせドイツには速度無制限のアウトバーンという存在がありました。ドライバーが運転に積極的になれるクルマでなければむしろ「危ない」という観点に立っていたというわけですね。

そんな中でもBMWというクルマは、なんといってもエンジンメーカーですから、エンジンを中心に「駆け抜ける喜び」を自らの本分と認識し、主に直列6気筒エンジンの特性を最大限活かしたドライバーズカーとしてのポジションを確立します。

80年代後半、ソアラやクラウン、シーマが闊歩していた日本の道路上を、少し小柄な身体に直列6気筒の珠玉のエンジンを詰め込んだBMWは、それらとは一線を画す、エンジンや走りそのものというクルマの持つ根源的な魅力を訴える、さらにはドイツのクラフトマンシップを武器に多くのドライバーを魅了したのです。

これが日本におけるBMW人気のスタート地点だったと言えるでしょう。

直6のメリット、デメリット

直列6気筒エンジンの魅力とは、なによりそのスムーズさにありますが、その源とはどこにあるのでしょうか。

とてもザックリなご説明になりますが、レシプロエンジンはピストンが上下運動することでクランクシャフトを回転させ、動力とするという仕組みです。その上で複数あるシリンダー、ピストン、それぞれの爆発間隔によって振動の発生のしかたが異なるわけですが、直列6気筒、またはV型12気筒の爆発間隔は各々の発する振動を打ち消し合い、たとえばバランサーシャフトなどを用いなくてもスムーズなフィーリングを獲得できると言われています。

たとえば、クラウンが国産車の中で静かでスムーズという定評を獲得できたのも直列6気筒エンジンによるところが大きかったです。

しかし、直列6気筒エンジンは全長が長くなることでカムシャフトクランクシャフトのフリクション(ねじれ剛性や慣性)管理がややシビアであることと、なにより昨今の安全性確保の風潮から、エンジン全長を抑えてクラッシャブルゾーンに充てるためなどのために、V型エンジンなど全長の短いコンパクトなエンジンが直列6気筒エンジンを淘汰する傾向が著しくなってきています。

安全性と振動の少ないスムーズな走り、この天秤をどちらに傾けるかは、非常に悩ましいところです。

<次のページに続く>
次ページ
ぜひマニュアルでダイレクトに味わってほしい、シルキーシックス