スバル 4代目レガシィB4(DBA-BN9型)のリアシートの使い勝手はいかに!

レガシィB4

今回は、スバル 4代目レガシィB4のリアシート(後席)に注目して、その使い勝手をご紹介します。

4代目レガシィB4は、レガシィとしては6代目にあたりますが、レガシィB4としては2回目のフルモデルチェンジの際に追加された車種であるので、4代目となります。

あなたの人生を高めていくをコンセプトに開発されたクルマとなっている4代目レガシィB4。走りやスタイリング、インテリア(内装)など車両すべての細部まで質感に拘って開発され、より豊かな走りをドライバーに提供してくれます。

そんなスバルクオリティを持った4代目レガシィB4のリアシートの使い勝手の良さを実現している装備や機能は、一体どうなっているのでしょうか。

Chapter
スバル 4代目レガシィB4ってどんなクルマなのか概要をご紹介!
スバル 4代目レガシィB4のリアシートにはどのような特徴がある?
スバル 4代目レガシィB4のリアシートの収納性は?

スバル 4代目レガシィB4ってどんなクルマなのか概要をご紹介!

スバル 4代目レガシィB4は、スポーティな走行性能やアイサイトをはじめとする安全性能などを 装備したセダンとなっています。

搭載エンジンは2.5L DOHC 16バルブ AVCSの水平対向4気筒エンジンとなっています。これに より唯一無二の走る歓びをドライバーに提供してくれます。

また、4代目レガシィB4のエンジンは吸入音をチューニングするなどサウンドにもこだわっており、 シームレスに続く心地良い加速音をドライバーに提供してくれます。そんな高性能なエンジンを持 つ4代目レガシィB4の最高出力は129kW(175PS)/5800rpmとなっています。最高トルクは 235Nm(24.0kgm)/4000rpmとなっています。

他にも4代目レガシィB4には、アイサイトという安全性能を搭載しています。

アイサイトは、ステレオカメラで常に前方を監視して、必要に応じて自動ブレーキなどの制御を行う運転支援システムとなっています。採用されているver.3ではステレオカメラを一新し、ver.2と比 べると視野角と視認距離を約40%も拡大しています。

さらにカラー画像化によってブレーキランプの認識も実現しています。これらにより、従来の運転 支援機能を進化させ、ステアリング操作のアシストや誤後進の抑制など、新たな機能も装備しています。

このように4代目レガシィB4には高スペックな水平対向エンジンとアイサイトというスバル最高峰 の装備を備えており、ドライバーに走る歓びと安心安全を提供できるクルマとなっています。

スバル 4代目レガシィB4のリアシートにはどのような特徴がある?

スバル 4代目レガシィB4のリアシートには、多彩な機能や装備が採用されています。

リアシートには6:4分割可倒式トランクスルーが採用されています。6:4分割可倒式トランクスルー とは、リアシートのバックレストを分割して倒すことで、ラゲッジルーム(荷室)を自在に拡張可する ことができる機能になっています。

また、大きさや長さを気にせずさまざまな荷物を積むことができるようになっています。なので、自分のライフスタイルにあったシートアレンジをすることができ、とても利便性が高いという特徴を持っています。

他にも、4代目レガシィB4のリアシートは高性能な特徴を持っています。

リアシートは形状から体圧分布に至るまで最適化された仕様になっており、ロングドライブでも疲 れにくい理想的な座り心地を提供してくれるという特徴があります。

リアシートの足元に対しても快適に過ごせるようにこだわった設計がされています。具体的にはリ アシートの足元に十分なスペースを確保することで、リアシートに乗る人がゆったりとくつろげるようになっています。

このように4代目レガシィB4のリアシートには、多彩な機能や装備、仕様が採用されています。そのため、乗車員に快適な車内空間を提供することができます。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 4代目レガシィB4のリアシートの収納性は?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道