ホンダ 2代目バモス(HM1/HM2型)の乗り心地はいかに!?

今回は1999年に発売され2019年に生産・販売終了となったホンダ 2代目バモス(HM1/HM2型)の乗り心地について紹介します。

ホンダ バモスは1970年から1973年に初代バモスが発売され、2代目バモスは1999年から2019年まで長期にわたって多くの人に愛されたクルマです。

約20年という長い期間愛されていたホンダの2代目バモスの乗り心地とは一体どのようなものなのでしょうか。

Chapter
ホンダ 2代目バモスはアンダーフロアミッドシップで乗り心地の良さを実現!
ホンダ 2代目バモスはEBD付きABSが標準装備!
ホンダ 2代目バモスは室内空間も快適!

ホンダ 2代目バモスはアンダーフロアミッドシップで乗り心地の良さを実現!

ホンダ 2代目バモスは軽自動車の規格が今と同じになった1999年の6月にそれまでの軽1BOX乗用のストリートの後継として発売されました。

他社の当時の軽ワンボックスはフロントシート(前席)の下にエンジンを配置していましたが、2代目バモスはアンダーフロアミッドシップと呼ばれるエンジン配置で、後輪の少し前のラゲッジルーム(荷室)にエンジンを配置しています。このアンダーフロアミッドシップにより、バモスのフロアはフロント・リアともに双方とも低くフラットになりました。

また、運転手にとっての騒音の主な原因はフロントシート下にあるエンジンの音でしたが、2代目バモスはエンジンがラゲッジルーム下にあることで、静粛性が増したと言えます。さらに、重量物がクルマの中心近くの低い場所に多く集まっているので、安定と鋭い操作性の両立を実現することに成功しています。

従来の軽ワンボックスとは違う構造のアンダーフロアミッドシップを搭載することで、2代目バモスの実用性の高さが伺えます。

ホンダ 2代目バモスはEBD付きABSが標準装備!

EBD付きABS(アンチロック・ブレーキシステム)とはブレーキをかけた際にタイヤロックを防止するABS機能に、走行状態に合わせて最適な制御をしてくれるEBD(電子制御制動力配分システム)機能を加えたもので、2001年の9月に行われたマイナーチェンジの際から採用されたシステムです。

雪道や雨天時など道路状況が悪いときでもEBD付きABSは運転手に安全面で快適な乗り心地を提供してくれます。

また全グレードで自動車の排出ガスからの有害物質の排出が、最新規制値よりどのくらい削減できているのかを示す低排出ガス車認定制度で優-低排出ガス星2つを獲得していますので環境にやさしいクルマということがわかります。

ホンダ 2代目バモスはEBD付きABSで安全性の向上を実現したクルマで環境にも優しいクルマという面も持っています。

ホンダ 2代目バモスは室内空間も快適!

まずはホンダ 2代目バモスの大きさについて確認してみましょう。

2代目バモスは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,755mmとなっており、軽自動車としては少し大きめのサイズと先ほど紹介したアンダーフロアミッドシップのおかげでスペースユーティリティは抜群です。

リアシート(後席)は状況に合わせてシートを倒すことができるのでラゲッジルームを広げることができ、26インチの自転車が2台余裕をもって収納することが可能ですので、雨の日の子供のお迎えや旅行などの大荷物の際にも安心です。

そして、フロントシートとリアシートを全て倒すこともでき、すべてのシートを倒すと人が足を伸ばして寝そべることができるので車中泊も可能です。

また車内に物干し竿のように衣類を乾かしたり、電車でよく見かける網棚のようなものも作れるユーティリティナットを装備しています。

その他にもタイダウンフックと呼ばれる自転車を固定するためのベルトをひっかけるための装備や、はっ水・消臭シート、ラゲッジルームのフロアとリアシートの後側には汚れを雑巾などですぐに拭き取れるワイパブルマットもあります。

アウトドアや車中泊までできる軽自動車とは思えない収納性と利便性がある2代目バモスは乗り心地はもちろん、遊び心も持ち合わせたクルマと言えます。

ホンダ 2代目バモスはアンダーフロアミッドシップレイアウトが可能にするスペースの広さや静粛性など、さまざまな魅力的なポイントがあるクルマだということがわかりましたが、時代の流れや新しい車種の登場、国土交通省が発表した乗員保護基準など様々な壁が関係して生産・販売終了しております。

遊び心のあるホンダ バモスの3代目も見てみたかった気もしますが、中古市場にはまだ2代目バモスを見つけることができるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

※ 2021年2月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK