メルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)の便利なオプションを紹介!

メルセデスベンツ 3代目Vクラス

今回はメルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)の便利なオプションを紹介します。

3代目Vクラスはメルセデスらしい高級感のある室内と抜群の使い勝手を誇るラゲッジルーム(荷室)を兼ね備えたメルセデスベンツのミニバン車です。絶大な快適性と安心感に包まれながらどこまでも行くことができます。

そんなVクラスにはどのようなオプションがあるのでしょうか。

Chapter
メルセデスベンツ 3代目Vクラスのインテリアのオプションは?
メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームのオプションは?
メルセデスベンツ 3代目VクラスはAMG仕様にも!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのインテリアのオプションは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラスには「V220d AVANTGARDE」「V220d AVANTGARDE long」「V220d AVANTGARDE Extra-long」の3つのグレードがあり、全てのグレードでフロントシート(前席)にシートヒーターが標準装備されていますが、「V220d AVANTGARDE long」「V220d AVANTGARDE Extra-long」ではオプションで2列目シートにもシートヒーターを装備できます。

シートヒーターは天候や気温に合わせて3段階暖かさが選択可能で、寒い季節の快適性も高まります。寒い季節にも2列目シートを快適な空間にしてくれます。

さらに、「V220d AVANTGARDE long」「V220d AVANTGARDE Extra-long」では2列目シートにエクスクルーシブシートパッケージが設定されています。

エクスクルーシブシートには大きく倒せるリクライニング機能やヘッドレストクッション、座面の下からせり出すオットマンが備わっており、深い心地よさに包まれながらくつろげます。

エクスクルーシブシートパッケージにはオートヒーターやシートベンチレーター、リラクゼーション機能も装備されており、ファーストクラスのような極上の移動空間を実現します。

また、フロントシート後方にはリアエンターテインメントシステムを装備可能です。高精細な映像を実現する9V型ワイドVGAモニターを採用しており、リアシート(後席)に乗った人も様々なコンテンツを楽しめます。

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのラゲッジルームのオプションは?

メルセデスベンツ 3代目Vクラスは大容量で抜群の使い勝手のラゲッジルーム(荷室)も大きな魅力の一つですが、このラゲッジルームをさらに便利にするオプションが設定されています。

テールゲートにはインテリアLEDライトを装備できます。シャープな光でラゲッジルームや手元を明るく照らし、夜でも必要な荷物が簡単に取り出せます。ライトは省電力設計で、バッテリーへの負荷も小さくなっています。

さらに、リアゲートに装着するタープ&カーテンセットも設定されています。カーテンはリアゲートに簡単に装着でき、ポールやペグと組み合わせることでタープとして使用できます。

このオプションではポールやペグはセットに含まれていないため、注意が必要です。また、危険ですので取付時には必ずエンジンを切るようにしてください。

<次のページに続く>
次ページ
メルセデスベンツ 3代目VクラスはAMG仕様にも!

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道