ホンダ 4代目ステップワゴンスパーダ(RP3/RP4/RP5型)の4つのグレードを徹底比較!おすすめはe:HEVを搭載したモデル!

ホンダ ステップワゴンは、1996年5月に初代が発売され、現在もホンダの主力ミニバンとして第一線を走っています。そんなステップワゴンの派生モデルであり、スポーティなデザインが特長的なホンダ ステップワゴンSPADA(RP3/RP4/RP5型)は、ステップワゴンが2代目にあたる時期の2003年6月に初登場しました。

今回は、そんなステップワゴンSPADAのグレード展開について、また、2020年1月のマイナーチェンジで登場したe:HEVモデルについてもご紹介していきます。

Chapter
ホンダ 4代目ステップワゴンSPADA・Honda SENSING【価格:292万500円~】
ホンダ 4代目ステップワゴンSPADA・Cool Spirit Honda SENSING【価格:312万2,900円~】
ホンダ 4代目ステップワゴン e:HEV SPADA G・Honda SENSING【価格:342万7,600円】
ホンダ 4代目ステップワゴン e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING【価格:364万1,000円】

ホンダ 4代目ステップワゴンSPADA・Honda SENSING【価格:292万500円~】

「SPADA・Honda SENSING」は、ステップワゴンSPADAの中では最下位グレードにあたります。そして、気になるところは、通常のホンダ ステップワゴンと何が違うのかという点ではないでしょうか。

まずはカラー展開。ホンダ 5代目ステップワゴンで同じ位置付のグレードである「G Honda SENSING」は6色展開ですが、「SPADA・Honda SENSING」には、そのうちのブルーホライゾン・メタリックカラーが省略され、代わりにオブシダンブルー・パールとプレミアムスパイスパープル・パールが追加された計7色展開となっています。

そして主要装備も大きく異なります。ヘッドライトは省電力かつ遠くまで照らすことができるLEDタイプを採用。点灯し忘れても、自動で調整してくれるオートライトコントロール機構も搭載されています。

フロントグリルには、SPADA専用のフロントバンパーが施され、よりスポーティな印象を与えるポイントとなっています。そのほか、専用デザインは16インチのホイールにも取り入れられてています。

4代目ステップワゴンSPADAのこだわりは、室内にもみられます。シートには撥水のみならぬ、撥油加工が施されたファブテクト素材を採用し、油分の多い食事や飲み物をこぼしてしまっても、シミになりにくく、掃除も簡単にできます。

また、ハンドルは本革巻ステアリングホイールが採用され、フィット感と高級感を両立した、上質なデザインとなっています。

価格は、FF(前輪駆動)が292万500円、4WD(4輪駆動)が316万2,500円となっています。

ホンダ 4代目ステップワゴンSPADA・Cool Spirit Honda SENSING【価格:312万2,900円~】

ホンダ 4代目ステップワゴンSPADAのグレードの中で、唯一Cool Spiritの名を冠す「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」は、4代目ステップワゴンSPADAのガソリンモデルでは最上位グレードに位置します。

「SPADA・Honda SENSING」でオプション装備であった1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムが標準装備となり、安全性能が向上しました。また、ホイールが16インチから17インチへとアップし、ミニバンの重いボディをものともしない、安定した走行を体感できます。

そんな17インチホイールや、フロントグリル、パドルシフトには、クールスピリット専用デザインが施され、より特別な一台へと仕上がっています。インテリアシートには、ブラック×シルバーのコンビカラーシートが採用され、こちらも上位グレードならではの特典となっています。

さらに、そんなデザインをより特別に仕上げるオプションとして、ブラックスタイルが用意されており、全体のカラーリングが黒で統一され、よりスポーティな印象を与えます。

機能面においては、プラズマクラスター付きのトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーと運転席&助手席シートヒーターが標準装備となり、より車内を快適に過ごせるようになっています。

燃費は「SPADA・Honda SENSING」と比較すると、若干異なり、「SPADA・Honda SENSING」ではJC08モード燃費でFFが15.8km/L 4WDが15.4km/Lに対して「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」では、FFが15.4km/L 4WDが15.0km/Lと、それぞれ0.4km/Lずつ落ちています。

価格は、FFが312万2,900円、4WDが332万900円となっており、「SPADA・Honda SENSING」と比較して、20万2,400円アップしています。

ホンダ 4代目ステップワゴン e:HEV SPADA G・Honda SENSING【価格:342万7,600円】

ここからは、ホンダ独自のハイブリッドシステムであるe:HEVを搭載した注目のe:HEVモデルをみていきます。

まず、「SPADA・Honda SENSING」や「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」で登場した、プレミアムスパイスパープル・パールがカラー展開から削除され、e:HEV専用カラーとなるフォレストグリーン・パールが代わりに登場しました。また、e:HEV専用デザインは16インチのホイールにも適応されています。

やはりハイブリッドモデルの特筆すべき点は燃費でしょう。

「SPADA・Honda SENSING」と比較すると、FFでは15.8km/L 4WDが15.4km/Lに対して「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」では、FF25km/Lと、かなり向上しており、エコカー減税も25%から免税と、環境に優しいモデルと言えるでしょう。

一方エンジン性能のほうは、「SPADA・Honda SENSING」の最高出力が110kW(150PS)/5,500rpm 最大トルクが203Nm(20.7kgm)/1,600~5,000rpmに対し「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」の最高出力は107kW(145PS)/6,200rpm 最大トルクが175Nm(17.8kgm)/4,000rpm

さらにモーターは最高出力135kW(184PS)/5,000~6,000rpm、最大トルク315Nm(32.1kgm)/0~2,000rpmを発生します。

ホンダ独自の安全装備であるHonda SENSINGにもグレードアップされ、e:HEVモデルには渋滞追従機能が付いています。また、センターコンソールトレーには、急速充電対応の充電用USBジャックが2つ搭載されているため、スマホとタブレットといった2台持ちや、複数人の電子機器の充電にも対応しています。

しかし、「SPADA・Honda SENSING」から、プラズマクラスター搭載のトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーやパドルシフトなど、一部削除されている装備もあります。

また、「SPADA・Honda SENSING」や「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」では、オプション装備で乗車定員を7名から8名に増やすことができましたが、そもそもe:HEVモデルにはそちらのオプションが用意されていません。

駆動方式はFFのみで、価格は342万7,600円となっており、「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」のFFモデルと比較すると、30万4,700円アップしています。

ホンダ 4代目ステップワゴン e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING【価格:364万1,000円】

「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」は、ガソリンモデルの「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」にあたり、e:HEVモデルの最上位グレードとなります。

「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」でも採用された、ブラック×シルバーのコンビシートは、「e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」でも健在。

1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムの標準装備や、「e:HEV SPADA・G Honda SENSING」では削除された、運転席&助手席シートヒーターとトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーも、しっかりと装備されています。

「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」との大きな違いとしては、フロントグリルのカラーリングが少し異なることや、ホイールも17インチではなく16インチで、e:HEV専用デザインが採用されているなどが挙げられます。

駆動方式はFFのみで、価格は364万1,000円と「e:HEV SPADA G・Honda SENSINGと比較して、21万3,400円アップしています。

ホンダ 4代目ステップワゴンSPADAの特長をまとめると、ホンダ 5代目ステップワゴンの上位グレードに値する性能と装備、そしてその上にスポーティな印象を与える専用デザインが施されたモデルと言えます。となると、やはり4代目ステップワゴンSPADA選ぶ決定打になるのはデザインと言えます。

なかでもクルマとしてのポテンシャルにも重点を置きたい方には、高い走行性能と、環境に優しい燃費を持つe:HEVモデルをオススメです。

無論、
エアコン関連の装備など、最も充実したクルマを選ぶのであれば、「 e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING」になりますが、単にe:HEVの走行性能と燃費が欲しいという方には、「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」でも、その期待に十分答えてくれるでしょう。

※ 2020年10月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK