【プロ解説】マツダ CX-30のエクステリア(外装)やデザインを徹底解説!!

2019年9月より予約が始まったマツダ CX-30。その少し前に登場したマツダ3のSUV版でもあり、マツダ3に続く新世代商品の第2弾となりますここでは、そのデザインについて解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・宮越 孝政

Chapter
CX-30で更に深化したマツダの魂動デザイン
マツダ CX-30のエクステリアデザインを全方位からチェック!
マツダ CX-30のカラーバリエーションは8色
街中での使い勝手と美しさを両立
スカイアクティブXの実力とは?マツダ CX-30の真の性能を動画でお届け!

CX-30で更に深化したマツダの魂動デザイン

CX-30のデザインの根底にあるのは、現在のすべてのマツダ車に共通する「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」というデザインコンセプトです。文字通りの生命感あふれるダイナミックなデザインです。

しかし、CX-30と同時期にデビューしたマツダ3、この2台の「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」は、従来よりも、さらにコンセプトが深められ、新たなステップに踏み込んだデザインとなっています。そのデザインが目指すのが日本の美意識を礎にしたエレガンスです。無駄を排した、引き算の美学ともいえるものが特徴になっています。

また、SUVであるCX-30のデザインコンセプトは「Sleek & Bold」。「Sleek(滑らかさ)」と「Bold(大胆さ)」をミックスさせ、クーペのような伸びやかな美しさとSUVらしい力強さの融合を目指しています。

マツダ CX-30のエクステリアデザインを全方位からチェック!

フロントデザインで特徴的なのが非常に薄くデザインされたヘッドランプです。左右ヘッドランプからグリルの下を走るシグネチャーウイングとあいまって、CX-30の表情を精悍に見せつけます。数多くの三角形の突起を配置したグリルは、見る角度や光の当たり方によって表情を変えるユニークなものとなっています。

CX-30のデザインコンセプトが如実に表現されているのがサイドビューでしょう。明確なプレスラインは存在しませんが、微妙な面の変化で動きを表現。周辺の景色が、ドアにS字のように映り込んで見えます。こうしたところに、CX-30の美しさと生命感を感じとることができるはずです。

また、ボディの下半分をおおうブラックの樹脂パネルもCX-30らしさが表れる部分です。クルマの下半分をブラックアウトさせたことで、塗装されたボディ面が上下に薄く、まるスリムなクーペのように見えます。また、面積の大きい黒い樹脂パネルの存在は、力強いSUVらしさを印象付けてもいます。

リヤエンドのデザインの見どころは、ワイドに張り出たリアフェンダーと、中央水平方向にくびれたデザインのリフトゲートです。スポーツカーのようなダイナミックさと魂動デザインならではのエモーショナルさを感じ取ることができます。

マツダ CX-30のカラーバリエーションは8色

ボディカラーは8色。マツダ車のイメージカラーとなるソウルレッドクリスタルメタリック

マツダ3と同時に追加された新色ポリメタルグレーメタリック

その他に…

ソニックシルバーメタリック
ジェットブラックマイカ
チタニウムフラッシュマイカ
マシーングレープレミアムメタリック
ディープクリスタルブルーマイカ
スノーフレイクホワイトパールマイカ

以上6色が用意されています。

街中での使い勝手と美しさを両立

クーペのような美しさと、SUVの力強さを融合させたCX-30。その魅力的なデザインを成立させる基本となるのが、伸びやかで力感溢れるプロポーションとなります。マツダのプラットフォームは、FFモデルであってもボンネットが長めに設定されているため、まるでFRセダンのような伸びやかなプロポーションとなっているのです。

また、サイズは全長4395㎜で、CX-3とCX-5のちょうど中間。日本国内では使いやすいサイズと言えるでしょう。また、全高は1540㎜でCX-3の1550㎜よりも若干低く設定されており、これも立体駐車場で使いやすいサイズにおさめられているのが特徴です。

世界的にSUVの販売は伸びており、マツダの直近1年の世界販売にSUVに占める比率は52%にまで高まっています。そうした中、CX-3とCX-5の間を埋めるCX-30は、マツダのビジネスにとって非常に重要なモデルとなります。

そこに投入されたCX-30は、現在のマツダの最先端のデザインをまとったものでした。激戦区となるSUVマーケットに賭けるマツダの強い思いが反映されたような力作と言えるでしょう。

スカイアクティブXの実力とは?マツダ CX-30の真の性能を動画でお届け!

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ