日本に初めて輸入された輸入車ってどんなクルマだったの?

メルセデスベンツ・BMW・AUDI・シボレー・ポルシェなどなど、数多くの輸入車が走っている現在の日本。お気に入りの輸入車もあるのではないでしょうか? ですが、皆さんは日本に初めて輸入された車の名前をご存知でしょうか? 今回は日本に初めて輸入された車のお話です。

文・PBKK

Chapter
初めて輸入されたのは明治時代!?
輸入車第一号のスペックは?
気になる輸入目的、その後は?

初めて輸入されたのは明治時代!?

メルセデス・ベンツ

まずはいつ頃に輸入されたのかから触れていきましょう。「日本初の輸入車」というのは実は諸説あるのですが、今一番有力な情報としては、記録としてはなんと1898年。明治31年にも遡るようです。

フランスから輸入されたパナール・エ・ルヴァッソールM4型という車両が、東京の築地から上野までデモ走行を行ったという記録があります。
記録によると、時速30km/hで走行可能だったとのことで、当時の日本人はかなり驚いたのではないでしょうか?

輸入車第一号のスペックは?

パナール・エ・ルヴァッソールM4型

さて、車好きなら気なるのはスペックですよね?古いデータなので誤りもあるのかもしれませんが、おおよそのスペックは下記の通りです。

排気量:1,300cc
2気筒ガソリンエンジン
FR駆動 (フロントエンジン・リアドライブ)
密閉式トランスミッションギアボックス
丸ハンドル装備

ちなみに、今では当たり前となっているFR(フロントエンジン・リアドライブ方式)・密閉トランスミッションギアボックス・丸ハンドルなど、すべてこのパナール社が世界で初めて採用し、実用化したと言われています。本当に自動車産業の先駆けと言っても過言ではないでしょう。

次ページ
輸入目的とその後は?