需要が高まるLEDヘッドライト、メリット・デメリットは?

最近ではテールライトやウィンカーだけではなく、ヘッドライトにもLEDが使用されています。そんな需要が高まっているLEDヘッドライトのメリット・デメリットとは、どのようなものなのでしょうか。

Chapter
現在主流となっているディスチャージヘッドライト
LEDヘッドライトの3つのメリット
LEDヘッドライトの3つのデメリット
どこを重要視するかは人それぞれ

現在主流となっているディスチャージヘッドライト

HIDランプ

ディスチャージヘッドライトは、従来使用されていたハロゲンヘッドライトに比べて、消費電力が少なく明るさが約2~3倍あります。なので、メーカーの純正品だけでなく、カーショップなどで市販品が売られるなど、現在ヘッドライトの主流として使われています。

今回はディスチャージヘッドライトと比べて、LEDヘッドライトがどのような点で優れているのか、またどのような点が劣っているのか紹介します。

LEDヘッドライトの3つのメリット

レクサス RX 三眼フルLEDヘッドランプ

LEDヘッドライトのメリットとして、「長寿命」「省電力」「最大光量までの点灯速度が早い」という3つの点があります。

LEDライトが「長寿命」「省電力」なのは、皆さんもご存知の通り。それにプラスして、LEDヘッドライトはディスチャージヘッドライトよりも、最大光量まで早く点灯するのです。ディスチャージヘッドライトは、スイッチを入れてからバーナーが光始めて、安定するまでに時間が必要となります。

しかし、LEDヘッドライトはスイッチを入れたら、最大光量まで瞬時に点灯してくれるのです。

LEDヘッドライトの3つのデメリット

新型CX-5 LEDヘッドランプ

LEDヘッドライトのデメリットとしては、「雪が溶けない」「光が暗く感じる」「故障したら全て交換」という3つの点があります。

「雪が溶けない」「光が暗く感じる」理由には、LEDライトに赤外線がほとんど含まれていないことが関係しています。まず、「雪が溶けない」のはLEDライトに赤外線がほとんど含まれていないため、ディスチャージヘッドライトとは違い熱を持たず雪を溶かすことができないのです。

続いて、「光が暗く感じる」のはLEDライトは青い光の成分が多く赤い光が少ないため、色味のせいで暗く感じてしまいます。

「故障したら全て交換」というのは、LEDヘッドライトはヘッドライトユニットと一体化していることが多いため、バルブだけの交換ができず全て交換になってしまい、費用が高くついてしまうということがあるです。

どこを重要視するかは人それぞれ

ヘッドライト

メリットもデメリットもあるLEDヘッドライト。その中でどの部分を重要視するかは人それぞれです。もしLEDヘッドライトに変えるか悩んだ場合には、販売店などに一度相談してみるといいでしょう