運転に合わせて初音ミクが喋るアプリ、Hondaの「osoba」が誕生した理由とは?

osoba(オソバ)(栗原祥光撮影)

Hondaは、「初音ミク」の声でドライブがより楽しくなるiPhone用アプリ「osoba(オソバ)」をドワンゴと共同開発。2019年1月11日午後を予定としてダウンロードサービスを開始する。同社軽自動車「S660」とインストールしたiPhoneをUSB接続することで、運転状況に合わせて初音ミクが喋るというこのサービスを早速試してみた。

文・栗原祥光

Chapter
クルマが喋る!? iPhone用アプリ「osoba(オソバ)」が誕生!
「osoba(オソバ)」の開発経緯は?
初音ミクと喋りながら楽しいドライブ

クルマが喋る!? iPhone用アプリ「osoba(オソバ)」が誕生!

▶︎使い方はS660とiPhoneをUSBで接続。アプリを立ち上げるだけです。

接続は「osoba」をインストールしたiPhoneとS660をUSBケーブルでつなげるだけ。アプリを起動すると「今日はどこに行くんですか?」と初音ミクが語り始め、運転中に例えば右に曲がろうとすれば「右です、右です」、運転中停車すれば「信号待ちかな?渋滞かな?」と話かけてくる。

さらに「時速ミク!いや、時速39キロぐらいですね」といったユニークなものから、安全運転の啓蒙といったもののほか、季節や時間、気温、そして場所によって変化する。さらに「そろそろオイル交換ですね」「ブレーキフルードを交換しましょう」といった、自動車を維持する上で忘れがちな「気付き」も与えてくれる。

物を言わないクルマが、そういった形で自身の状態を伝えてくるのは驚きだ。

ボーカロイドである初音ミクだから、歌も歌ったりする。時折このアプリのために作られた楽曲が流れるのだが「ちょっと歌っちゃおうかな」というような前置きをしてから流れるから、それもまた面白い。

話す頻度は約10~20秒に1回程度。ほとんど喋りっぱなしなのだが、そのタイミングが実に自然なうえに、1回の運転でセリフが重複しない工夫がなされているため飽きることがない。まるで車が独り言を言っているような感覚だ。そして利用後はなぜか初音ミクが好きになってしまう魔力を秘めている。

このアプリは、車両と接続していない状態でも利用できる。アプリが起動していた時点のガソリン残量や総走行距離といった車両の情報が手元で分かるほか、過去のドライブルートや、その時に初音ミクが喋ったセリフなどが記録として残されている。離れていても、車の状態がわかるだけでなく、車との思い出を振り返ることができるアプリなのだ。

「osoba(オソバ)」の開発経緯は?

▶︎S660からの車両情報とiPhoneのGPS情報を元に、初音ミクが色々なメッセージを喋ります。

さて、どうしてこのようなアプリを提供しようと思ったのだろうか。担当者の1人、本田技研工業の橋本さんは、「お客様と販売店を繋げる接点が作れないのかなと考えていました。色々なアイデアの中から、スマートフォンのアプリケーションと自動車を繋げたサービスがよいのではないだろうか」と思いついたという。

その中で「何か新しいことをしようとすると、自動車メーカーはどこも同じようなことを考えてしまいます。でもそれでは面白くない。そこで自動車業界と最も遠い業種の中で、方向性が同じ企業と手を組もうとした時、ドワンゴさんと一緒にやってみようという事になりました」。

いっぽう、本田技研工業から話を受けたドワンゴの鹿島さんは「我々のチームはモバイルの音楽配信をはじめとするコンテンツサービスを提供する部門なのですが、今後のプラットフォームの拡大などを考えていた時に、これから進化して行くであろうクルマという新しいプラットフォームに魅力を感じ、一緒に取り組みを始めてみようと思いました」と協業を決断。2016年にプロジェクトはスタートした。

その後、1年ぐらい企画会議が繰り返された。「我々はクルマのことがわからない。ホンダさんはアプリ開発等について勉強されながらという形からスタートしました。ですので、企画の時間が長かったのです」(ドワンゴ・鹿島氏)という。

異業種ゆえ、まずは相互理解から始まった。その中で、車両が喋るというアイデアが浮かび上がった。車両を喋らせるためには、車両の情報を何らかの形で取り出す必要があったが、当時のホンダ車で唯一USB経由で車両情報が取り出せるのはS660だけ。こうして車種は決定した。

次は誰の声で喋らせるかだ。「声優さんをはじめ、色々なキャラクターを検討しました。その中で、全世代で認知度と好感度が高いこと、未来的であること、そして実際にサンプルなどを作っていくうちに、この企画の趣旨やS660にマッチしているということで初音ミクがいいのではないだろうか、という結論に達しました」(ドワンゴ・鹿島氏)という。

企業コラボの多くが初音ミクのキャラクターを使って何かをする、というのに対して、やりたいことをスムースに伝えるのに初音ミクを選択した、という形だ。

▶︎歌は2曲入っています。時々再生されます。

こうして初音ミクを用いたアプリの開発が始まった。プロトタイプが完成したのは2017年11月。誰もが仕組みはわかっていてもクルマが喋るという事に驚いたという。

ドワンゴの行田さんは「もちろん課題はありましたが驚きましたね。私達は基本的にアプリやWebで完結するチームでしたので、実際に動く車で体験するというのは新鮮でした。

また我々はハードに対する憧れがあり、それに携われたことが嬉しかったですね」と、笑顔を見せてくれた。これはホンダ側も同じで、今まで物を言わなかった自動車が喋ることに驚いたそうだ。

そこから先の開発は進み2018年11月頃にリリースに近い物が完成。「自然なセリフ、違和感を覚えさせない発音タイミング、そして使いやすいアプリの設計に気を使いました」と、ドワンゴの行田さんは自信をもっている。ホンダ社内は、当初何をやっているんだろう、という空気だったとのことだが、いざ出来上がってくると「乗せて欲しい」という声が高まってきたという。

<次のページに続く>
次ページ
初音ミクと喋りながら楽しいドライブ
商品詳細