私が乗って選んだカー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 ベスト5はこれだ!

第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーをボルボXC40が受賞した。昨年度のXC60に続く2回目の受賞で、連続受賞は輸入車としては初めてという。そのXC40とはどんなクルマか?が気になったこともあったので、次のクルマを選ぶついでに試乗してみました(その試乗記はこちら)。

文/写真・大田中秀一

Chapter
実に私的なカー・オブ・ザ・イヤー2018-2019
スズキ ジムニー/ジムニーシエラ
トヨタ カローラ スポーツ
トヨタ クラウン
マツダ CX-8
ボルボ V60

実に私的なカー・オブ・ザ・イヤー2018-2019

スズキ ジムニー(大田中撮影)

ところで今の世の中、どのクルマを選んでも性能自体には大差ないと思いませんか?

私は常々そう思っているので、評論家は試乗記書くの大変だろうな~なんて要らぬ心配をしています。

いわゆるヤングタイマーの味が好きな自分には、個性も薄くなりメーカー間の性能差もあまり感じない今のクルマは、安全デバイスも充実していて、使い勝手も格段に良くなっていて確かにそれなりに魅力的だとは思うのですが、お金を払って買うほどのことは……なんて思ってるんです、正直なところ。

そんな自分が新車を買う必要に迫られているのですが、正直どれもいいと言えばいいし、どれも決め手に欠けるといえば欠ける。悩むところです。

そんなところにカー・オブ・ザ・イヤーのニュースを聞いたので、“じゃあいっそ10ベストとメーカーの事情で辞退したクルマから選ぶ”というのもおもしろいかなと考え、全部乗ってみました。それ以外にも乗ったクルマが何台かあるので、その中からこれはというものを感じたクルマをご紹介したいと思います。車種も着目点もかなり偏ってるのが恐縮ですが、何かの参考になれば幸いです。

スズキ ジムニー/ジムニーシエラ

ジムニー、ジムニーシエラ(大田中撮影)

ジムニーは幼少時から頻繁に目にする環境にあったため、新型も気になっていたので発表されたと同時に見に行きました。しかし、その時点ですでに1年待ちという状態で、ジムニーにいたってはカタログもなくなってしまいしばらく手に入らなかったという状態でした。

そんな状況であったものの試乗車は用意されていたので両方乗せてもらいました。

インテリアが特に先代よりえらい立派になってしまったなという印象でした。それでもまだまだジムニーっぽい。シエラの方はオートマチックトランスミッションだったこともあり、より大人で上質な雰囲気でした。

ジムニーが好きな人はもちろん、特に興味はなかったものの衝動買いしてしまった人にも何か楽しいことをもたらしてくれそうな気がします。

今の季節だと、日本海にカニを食べに行こうか?氷見の寒ブリ?せっかくだからスキーでも始めてみようか?温泉行こうか?それも秘境の、なんていろんな楽しみをイメージさせてくれるクルマだと思います。

アメリカ車はどのクルマでもフロントガラス越しに何かのイメージが浮かぶんですが、日本車では珍しい。これしか買えない人も、お金に余裕がある人がシャレで買ってもいいんじゃないでしょうか。楽しい人生が始まりそうです。

トヨタ カローラ スポーツ

トヨタ カローラ スポーツ(大田中撮影)

まず1.2リッターガソリンターボエンジン車に乗りました。

試乗コースは、ディーラーから出て左左左左で終了というようなコースが基本で、若干の遠回りがあるかというくらいのものが一般的で、これまでのトヨタ車だとそれでも飽きるくらいのことが多かったのですが、このクルマは違いました。

走り出してほどなく、”おや?何か楽しいで”と思い、同乗のセールス氏に、「ちょっと遠回りして長めに走ってもいいですか?」とお願いしてしまいました。そのままいつも通る、アップダウンカーブがある住宅地とちょっとしたバイパスを走りました。

大したスピードは当然出せない区間なんですけど、それでも充分楽しいと感じました。アクセル、ブレーキの感覚も自然だったし、操作に対する反応、一瞬一瞬のクルマの動きが気持ち良かった。

トヨタ カローラ スポーツ(大田中撮影)

次に1.8リッターハイブリッドです。

最も感心したのは、ハイブリッドの違和感の少なさです。加速するとき、ブレーキ踏んで減速するとき、何らかの違和感が消えないもので、それがハイブリッド車が好きじゃない大きな理由の一つなんです。しかしこれにはそれがほとんど感じられなかった。スポーツ度はだいぶ弱い感じでしたが、ちょっと興味を持ちました。

次ページ
トヨタ クラウン、マツダ CX-8、ボルボ V60も!