4ドアクーペと2ドアセダンはどう違うの?

トヨタ カローラ 初代

私たちは普段、”クーペは2ドア”、”セダンは4ドア”と勝手に紐づけしています。ところが、そこには明確なルールがないということをご存知でしょうか。実際に、2ドアのセダンや4ドアのクーペは存在していました。これらが生まれた理由を、クーペとセダンの違いを交えて紹介していきます。

文・吉川賢一

Chapter
クーペとはどのような車?
セダンとはどのような車?
4ドアクーペはなぜ生まれたのか?
2ドアのセダンはあったのか?

クーペとはどのような車?

クーペとは、ドライバー席と助手席の1列目座席をメインにした、2枚ドアの乗用車。走行性を追求して、軽量化や低いフォルムの追求を行っているのがクーペです。

車体はエンジンルーム、キャビン、トランクの3つに分かれていますが、基本スタイルがノッチバックでも、ファストバックでもクーペです。

価格は、他の車種に比べて高めで、経済的にやや豊かな方が乗っているクルマ、という印象があります。

セダンとはどのような車?

セダンは、エンジンルーム、キャビン、トランクルームを持った、3ボックスタイプの乗用車のことを指します。おもにドアは4枚、それぞれの席についています。移動をすることを主眼に置き、乗り心地や快適さを追求した車です。

クーペに比べると車内が広く、また乗り降りがしやすくて、前後席でゆったりと乗車することができます。小型車に2ボックススタイルが増えたことで、セダンは高級車に多い印象です。

その歴史は古く、1960年代から「乗用車の王道スタイル」として人気を博していました。現代でもパトカーやタクシーなど、幅広く使われています。

<次のページに続く>
次ページ
4ドアクーペはなぜ生まれたのか?