ホンダの技術力が発揮された!知られざる名車、ホンダ ビガーの魅力

近年のホンダのイメージといえば、フィットやN-BOXに代表されるデザインが洗練されていて燃費もいい大衆車を作るメーカーといったところでしょう。しかし、かつてはFFレイアウトにいち早く注目したり、CVCCを開発したりと、独自の路線を歩みながら優れた自動車を作るメーカーというイメージでした。そんな時代に生まれたホンダ車のなかでも、こだわりが遺憾なく発揮されていたセダンがあるのです。それが、ホンダ ビガーです。

Chapter
ホンダ ビガーとはどんな車?
初ものづくしで訴求した初代ビガー
エンジンで圧巻なのは3代目モデル

ホンダ ビガーとはどんな車?

ホンダ ビガー サルーン ME-R
ホンダ ビガー サルーン ME-R

ホンダ ビガーが登場したのは1981年。アコードが初めてモデルチェンジする際、販売チャネルの異なるベルノ店向けに用意されました。

ちなみにベルノ店とは、プレリュードやNSXなど、上位車種を販売していたチャネルで、ビガーも当然スペシャリティなクルマに仕上げられていたのです。

アコードの姉妹車なので、当然ながら「アコードで十分では?」との声も珍しくありませんでした。しかし、ベルノ店で販売されたビガーには、アコードには無いメカニズムと魅力がふんだんに投入されていたのです。

初ものづくしで訴求した初代ビガー

ホンダ ビガー サルーン ME-R
ホンダ ビガー サルーン ME-R

ビガーは、ベルノ店向けということで、さまざまな初めての装備がなされていました。

まず車速応動型/バリアブル パワーステアリング、マイルドフローベンチレーションが世界初。2P・4W(2ポスチュア4ホイール)オートレベリングサスペンションは日本初、それに組み合わせられる三次元リアダンパーも世界初。さらに、日本初の性格分けパーソナルシートなんてものも装備されていました。

また、当時は”必要なのか”と言われたクルーズコントロールや、ワンタッチで燃料消費などを確認できるエレクトロニックナビゲータなどは、現代は標準装備品となっています。こういった、数々の装備がライバルはもちろん姉妹車のアコードにも差を付けていたのです。

次ページ
エンジンで圧巻なのは3代目モデル